ふるさと納税額が4倍に!?【あなたのマネーNo.3 】

1

読了目安[ 1 分 ]

2015年度の「ふるさと納税」利用額が前年に比べ、約4.3倍へ急増しています。金額としては1650億円を超えています。

なぜ4倍以上になったのか?

1つは、単純に利用できる金額の上限が前年に比べて2倍になったからです。
2つめの理由としては、「ワンストップ特例制度」という制度が始まったことにより、多くの人は確定申告をする必要がなくなりました。
3つめの理由は、各自治体が特典を充実させていることもあり、ふるさと納税のメリットが知られるようになったからです。

本来の趣旨とのズレ?

本来、ふるさと納税制度の目的は「地方創生」です。地方の特産品を知り、消費に貢献することや、税金の使い道を自ら決めることで地方を応援しようということです。しかし、現状では金券や商品券を配るなど単純にお金を集めるためだけの自治体も散見されます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。