損失額33,767円!だる〜い「梅雨バテ」の実態は?【マネーゴーランド意識調査】

読了目安[ 3 分 ]

じめじめとした梅雨の時期、高い湿度や気分の低下によるものなのか、“小さな不調”を訴える人が多くいます。
そんな梅雨時の気だるさは、「夏バテ」ならぬ「梅雨バテ」とも呼べるのではないでしょうか。

マネーゴーランド編集部では『梅雨時期の体調に関するアンケート』を独自に実施し、梅雨バテになっている人がどのくらいいるのかその実態に迫ってみました。

梅雨バテの実態

梅雨の時期に体調を崩した経験について質問すると、49.7%もの人が体調を崩したことがあるとのこと。
さらに、その症状について質問したところ「体のだるさ」「偏頭痛」が多数を占めました。
また「肩こり」「体のむくみ」「腰痛」なども上がり、梅雨バテの症状は個人差があるものなのかもしれません。

Q1:梅雨特有の気候で体調を崩した経験はありますか?

梅雨の不調、マネーゴーランド意識調査

梅雨バテの対策

では梅雨バテになったときや予防のために、どんな対策をすればよいでしょうか。
最も多くの人が行っている対策は「睡眠時間の確保」でした。
しっかり体を休ませて免疫力を高めておくのはとても大事です。
「リラックスする時間をつくる」・「入浴」・「適度な運動」など、ストレスを発散させて精神の状態を良くしておくような対策も多数を占めています

また、食事の栄養バランスに気をつけているという回答も多数あり、食中毒予防になる「ヨーグルト(26.5%)」や、疲労回復の「お酢(23.3%)」、整腸作用が期待できる「納豆(18.6%)」などが梅雨バテ対策食材として名前が挙がりました。
これらは夏バテの予防や対策にも有効でしょう。

Q2:“梅雨バテ”を解消する食材としてどれを取り入れたいですか?

梅雨の不調、マネーゴーランド意識調査

梅雨バテによる損失・ダメージ

では、そんな梅雨バテによる損失はどれくらいあるのでしょうか?
梅雨バテが原因で会社や学校、予定していたことを休んだ期間について聞いたところ、75.0%が「1日」と回答。しかし「7日以上」と、とても長引いてしまう場合が約4%もありました。

さらに梅雨バテによる、自分の損失を金額に表すといくらか聞いたところ、「3,000円」が54.4%と最も多かったのですが、平均額はなんと「33,767円」という結果になりました。

Q3:“梅雨バテ”で体調を崩し、会社や学校等をどのくらい休みましたか?

梅雨の不調、マネーゴーランド意識調査

体がだるくて仕事も普段通りのパフォーマンスができない、家事も料理も手抜きをしてしまうなど、梅雨による不調は意外にも侮れない損失を発生させていることが明らかとなりました。
軽い体調不良だと油断していては痛い目を見てしまうかもしれません。
事前にしっかりと対策して梅雨を乗り切りましょう。

※上記集計は2016年6月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,615名)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。