300円で作れる!鶏肉の照り焼き弁当

15

読了目安[ 5 分 ]

【1週間1,000円以内でお弁当を作る】

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

6月は「1週間1,000円以内でお弁当を作る」をテーマにお届けしております。

1週目は、1日目のお弁当⇒厚揚げのそぼろ炒め弁当
2週目は、2日目のお弁当⇒鶏肉のケチャップ炒め弁当
3週目は、3日目のお弁当⇒厚揚げと野菜のスタミナ炒めのっけ弁当
4週目は、4日目のお弁当⇒ドライカレー弁当

をご紹介しました。

さて今週は、5日目!「1週間1,000円以内で作るお弁当」のしめくくりです。

お弁当作りの前に、まずは、1週間のお弁当で使う予定の食材リストと気をつけたいことです。


1週間(5日間)のお弁当で使う予定の食材リスト

  • 厚揚げ1パック(小2個入り)78円
  • 豚挽き肉200g 146円
  • 玉ねぎ1個 20円
  • 鶏むね肉1枚 174円
  • 人参1本 20円
  • ピーマン2個 40円
  • ブロッコリー1株 100円
  • ミニトマト1パック 128円
  • クラウドレタス1パック 158円

合計 864円


夏のお弁当作りは、いつも以上に調理前の手洗いは念入りにすることを心がけてくださいね。
また、食材の取り扱いも手洗い同様、注意が必要です。

今週は、5日目のお弁当はこちら!「鶏肉の照り焼き弁当」 です。

鶏肉の照り焼き弁当

メインおかず:鶏肉の照り焼き
サブおかず:ブロッコリーと玉ねぎのサラダ
添え野菜:クラウドレタス・ミニトマト

2日目のお弁当で使った鶏むね肉の残りを使い切ります。
(食材を冷凍保存して、上手に使いまわしていきましょう)

では!
メインおかず「鶏肉の照り焼き」の作り方はこちらです。


>材料(1人分)

  • 鶏むね肉 1/2枚
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 片栗粉 小さじ1
    • A

    • しょうゆ 大さじ1
    • みりん 大さじ1/2
    • 酢 小さじ1
    • サラダ油 大さじ1


作り方

  1. ビニール袋に、一口大のそぎ切りにした鶏肉と砂糖を入れてよくもみこむ。砂糖がなじみ、鶏肉がしっとりしたら片栗粉を入れ、ビニール袋をふって片栗粉をまぶす。
    ビニール袋に、一口大のそぎ切りにした鶏肉と砂糖を入れてよくもみこむ
    砂糖がなじみ、鶏肉がしっとりしたら片栗粉を入れ、ビニール袋をふって片栗粉をまぶす
  2. フライパンに油を熱し、鶏肉を加え、フライパンのふたをして、弱火で蒸し焼きにする。
    フライパンに油を熱し、鶏肉を加え、フライパンのふたをして、弱火で蒸し焼きにする
  3. 火が通ってきたら中火にし、フライパンに合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める。
    火が通ってきたら中火にし、フライパンに合わせたAを流しいれ、汁気を飛ばすように炒める

照り焼きといえば、鶏もも肉のジューシーさがたまらなーいという方も多いはず!
私も「鶏もも肉派」だったのですが、節約を重視すると、“鶏むね肉”のほうがオススメです。

鶏むね肉を柔らかくするための工夫は、“砂糖をもみこむこと”です。
砂糖をもみこむというひと手間を加えることで、鶏むね肉がしっとりやわらかな食感になりますよ。

また、おかずの日持ちする工夫として、照り焼きの味付けに、少量の「酢」を加えています。味付けに影響のない程度の量なので、食べたときはいつもの照り焼きと変わらずいただけます。

殺菌効果の期待できるスパイス・調味料・食材は、夏のお弁当には特に欠かせないですね。日持ちする工夫を意識してお弁当作りをしましょう!

サブおかず「ブロッコリーと玉ねぎのサラダ」の作り方です。

玉ねぎは薄く切って塩でもみ、水にさらして水けを絞ります。
茹でて粗熱をとったブロッコリーとマヨネーズ・酢・塩・粗びきこしょうで和えてできあがりです。ここでも酢を少し加えておきます。
鶏肉の照り焼き弁当完成

☆お弁当の詰め方

今回のお弁当箱は2段タイプを使いました。
ごはんは先に入れて、熱をとるようにしましょう。

おかずは、添えのレタス⇒メインおかずを大体2/3くらいのスペースに入れ、残りのスペースにサブおかずを入れます。おかずとの間にミニトマトを入れ、おかずとおかずの間に、隙間ができないようにしっかり詰めておきます。

しっかりと熱をとって、お弁当のふたの内側に水滴がつかないよう、心がけてくださいね!

急いで冷やすときは、「うちわ」などであおぐと、早く熱が取れるでしょう。

お弁当作りには、「うちわ」は必須アイテムかもしれませんね。
キッチンにうちわ、常備しておくと便利です♪

お弁当作りにあると便利な野菜は、ブロッコリーとミニトマトです。
この2つの野菜は、お弁当おかずの隙間を埋めるのに最適で、彩に迷ったときにも助かる野菜です。常備しておくといいですね。

ブロッコリーは冷凍野菜も販売されているので、冷凍食品が特売のときに買っておくとよいでしょう。

今週のお弁当いかがでしたか?

ぜひ毎日のお弁当作りのご参考にしていただけると嬉しいです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。