モノのやり取りで大失敗【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】

2

読了目安[ 5 分 ]

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

【親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ】第13話「モノのやり取りで大失敗」

【貸したモノがなくなった!〜モノのやり取りに接するコツは?〜】

ママ:つづみ、おかえりー

つづみ:うん…

ママ:あれ?いつもの元気がないわね。何かあった?

つづみ:うん…ちょっと。

【貸したメダルがなくなった】

ママ:一体どうしたの?昨日おこづかいでメダルを買ってあんなに喜んでいたじゃない!

つづみ:それがさ。メダルがなくなっちゃったんだ。

ママ: えー?今日お友達の家に持って行ったの?

つづみ:昨日のは持って行っていないよ。ちょっと前に買ったメダルを、貸してっていうから貸したんだ。そしたら今日、なくなっちゃったって…(泣き出す)

ママ: あらあらかわいそうに。大切にしてたもんね。きっとお友達も必死に探していると思うわよ。

つづみ:とは思うけど。

【大切なモノは貸さない】

ママ:悲しい気持ちもわかるけれど、ママからアドバイス。モノは貸すときには、返ってこないかもしれないって思うこと。

つづみ:えー?

ママ:だって、つづみだってよくモノをなくすでしょ。誰だって失敗はあるものよ。だから、なくなってもいいと思えるモノだけにしようね。
もっと良いのは、お友達とモノの貸し借りをしないこと。モノだって、つづみが大切に貯めたおこづかいで買ったモノだし、もしお友達がパパに買ってもらった漫画を貸してくれたら、その漫画はお友達のパパが一生懸命働いて手に入れたお金で買ったものでしょう?お金がなくなったことと同じことなのよ。

【モノとお金は同じだ!】

つづみ:そっか。僕はまだお金を貸したり借りたりしたことないけど、隣の6年生のお兄ちゃんはお友達にお金を貸していたのを、みたことがあるよ。

ママ:貸したお金が返ってこないと、たとえそれが1円でも、なんとなく嫌な空気が流れて、「返して」って言えなくなっちゃうものなのよ。

つづみ:ひゃー、それはいやだー!

ママ: もしお友達から「どうしてもあげる」などモノをもらったら、ママに話してくれる?ママからお礼を言うこともできるから。

つづみ:わかったよ。じゃあ僕もあまりお友達にモノをあげたりしない方がいいのかな?

ママ:誕生日とかのプレゼントみたいに意味があればいいと思うし、使わなくなったモノでお友達が欲しいモノなら絶対にダメとは言わないけれど、そのつどママに相談してくれると嬉しいわ

つづみ:うん。わかった!

~電話のベル~

つづみ:ママー!メダル見つけたって!よかったー!

<小さい子ども同士のモノのやり取りに接するポイント>
・ 子どもの行動に日々目を配ろう(見たことがないモノを持っていないかなど)
・ モノをもらってきたらそのままにしない(相手の親に確認、お礼に行く、返しに行く)
・ トラブルの事例などをていねいに説明してモノのやり取り自体禁止する

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第12話 はじめてのおつかい
第11話 園児から始めるお小遣い
第10話 お小遣いの渡し方
第9話 お小遣いの値段の決め方
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。