新しいテーマ探しの動き?! 【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

読了目安[ 3 分 ]

7月第2週の見通し(2016/07/04)

為替アナリストの岡安盛男です。毎週月曜日にお届けしている『初心者でもわかる今週の為替市場』。今週も宜しくお願いします。

「米国雇用統計に注目集まる」

先週はブレグジット(英国のEU離脱)による混乱の余波が世界的な金利低下をもたらすと同時に株価全体を押し上げました。
予想外のブレグジットにより今後英国だけではなく、欧州や米国経済にまで影響を及ぼす可能性が高まりました。

先週はBOE(英国中央銀行)のカーニー総裁が夏にかけて追加緩和の可能性を示唆したことでポンドは急落しました。ブレグジットによる今後英国経済への影響を憂慮したものと思われます。

また、ECB(欧州中央銀行)も債券購入ルール緩和を検討するとの一部の報道でユーロも売りが強まりました。その後ECBはこの報道を否定したものの、何らかの追加緩和措置を行う可能性が高いと市場は考えています。

この流れを継いで、日銀の追加緩和期待が高まりました。今回の混乱で米国FRBも年内利上げは難しいとの見方も広がるなど、世界的な金利低下傾向がみられました。

これを受け、米国長期債利回りは一時過去最低の1.37%台に低下。日本やドイツの長期金利も軒並み低下しました。また、同時に金価格もリスク回避の動きを意識され大きく買われるなど、リスク回避による安全資産への資金の逃避が目立ちました。

一方で、株式市場はこの金利低下を好感し大きく上昇。NYダウは1万8千ドル近くまで上昇するなど、こちらはリスク選好の動きになるなど株式と債券市場ではリスクへの見方に温度差が感じられます。ブレグジットショックは残るものの、寧ろ結果がはっきりしたことで市場の不透明感はある程度払しょくされたことも事実です。一方、世界経済にどう影響するかは不確定要素として今後も残ります。

市場全体を見ると、一先ずブレグジットによる混乱は落ち着き始めており、市場は次のテーマを探り始めようとしているように見えます。

今週は米国雇用統計が週末に発表されます。前月は雇用者数が予想を大きく下回ったことで米国の利上げ期待が一気に後退。ドル売りに反応しただけに、今回の結果に市場の注目が集まります。前月は悪天候やストライキといった特殊要因が多かったことから今回はその反動で予想を上回るのではといった見方もあります。

もし、予想を大きく上回るようならFRBの利上げ観測が再び浮上するかもしれません。今は悲観的な見方が先行しているだけに、この結果次第では市場のセンチメントが一転する可能性もあります。お金はいつまでも安全なところに居座ることはありません。いずれリターンの高い商品や金利を求めて動き始めることになります。今回の米雇用統計が、そのきっかけとなるか、皆さんも注目してみましょう。

【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、来週も宜しくお願い致します。

▼30秒でわかる!7月第2週、今週の為替市場の見通し

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。