優待や割引でセールよりお得にショッピング!デパート積立とは?

読了目安[ 2 分 ]

日銀によるマイナス金利政策で、銀行預金の金利はどんどん下がり、今や定期預金の金利は年0.010%。100万円を1年間預けても金利はわずか100円(税引き前)。

そんな中、断然注目を浴びているのが「デパート積立」です。

デパート積立とは

『友の会』とも呼ばれるデパート積立とは、毎月一定の金額を積み立てていくと、1年後の満期時に1か月分のボーナスを上乗せした金額(毎月1万円ずつ積み立てた場合なら12万円+1万円=13万円)の買い物券やプリペイドカードが受け取れるサービスです。

これを年利に換算するとなんと8.3%にもなります!さらに買い物券のほかに様々な特典が付いる点も魅力的といえるでしょう。

例えば『エムアイ友の会(三越、伊勢丹、岩田屋、丸井今井)』の12か月積立の場合、5,000円から最高50,000円の5つのコースから選べ、全国のホテルやレストラン、美術館などの優待や店内レストラン、施設での優待、限定イベントなどが特典としてついてきます。

高島屋友の会『ローズサークル』の場合は、5,000円から最高50,000円の4つのコースがあり、全国の提携施設の優待割引や、お中元・お歳暮期にお得な優待券のほか、シーズンごとに会報誌が届けられ、旅行や教室・サークル活動などに参加もできます。

サービスや特典は『友の会』によりさまざま。よく利用するデパートや百貨店があるという人は、まずサイトでチェックしてみましょう。

デパート積立をおすすめしたいのはこんな人

ただこのデパート積立、いくらお得とはいえ受け取った買い物券はそのデパートでしか使うことができないため、デパートで買い物をしない、近くに店舗がないという人にはあまり向いていないかもしれません。

毎年デパートでお中元やお歳暮を送っている、会社の帰りによくデパ地下でお惣菜を買って帰る、お気に入りのコスメをシーズン毎に買っている…という人なら利用を考えてみてもいいでしょう。

筆者の周りでも、かなり前から自分へのご褒美として毎月20,000円ずつデパート積立をして、満期時にお気に入りのブランドのバッグを買っているという友人がいます。

金額の大きいものを一度に買うのは大変ですが、毎月の積立なら無理がないし、1か月分のボーナスが上乗せされるので、欲しいものに手が届きやすくなるという点で、いいアイディアだなと感心しました。

デパート積立のデメリット

満期時に受け取った買い物券を持って、いざデパ地下に買い物へ…となった時に、つい気が緩んで、いつもなら手を出さない高級な牛肉やフルーツを買ってしまうと、あっという間になくなってしまうこともあります。

せっかくたまった買い物券は、計画的に使うことが大切ですね。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。