FXとイギリスEU離脱問題はどう関わる?【森川あきこの気長にゆったりFX】

1

読了目安[ 3 分 ]

もしも、チャートを見て上がるか、下がるかを確実に当てられればスマホでピッと注文して利益! そんな風になったら最高なんですけど、そう単純に上手くはいかないんですよねー。でも、確実に当てることはできなくても、方向性を当てる確率は上げられます。

世界各国の政治や国際情勢にも目を向けてみる

以前にも説明したようにFXでは予測するための分析方法が大きく分けて、2つあります。ひとつは、前回「絶対に大損しないFXの注文方法!」の取引でもご紹介したチャートを使ったテクニカル分析

そして、もうひとつはファンダメンタルズ分析です。これは、世界の政治、経済、天候などをもとに分析する方法です。一般的に、短期的なトレードの分析にはテクニカル分析、長期的なものにはそれに加えてファンダメンタルズ分析もする必要があると言われています。予想を当てる確率を上げるために、どちらの分析もできるようになるのが理想ですね!

イギリスのEUの残留か離脱かをめぐる国民投票で離脱派が勝利しました。このニュースもFXの相場を動かす要因となります。似たような状況だと、2014年にスコットランドがイギリスからの独立の是非を問う住民投票がありましたが…

今回の場合は多くの予想に反して離脱派が勝利したこともあり、ドル円ではなんと106円→98円台まで下がるということで、かなりバタバタな状況になりました。このように、アナリストの予想に反した結果になると相場に大きな要因を与えます。

FXとイギリスEU離脱問題

不測の事態には安全資産の円に注目

選挙後の今、離脱に投票した人々も本当にEUから抜けたらどうなるかよくわからないまま投票をしてしまい、もう一度やり直したいと思っている人が大勢いる、なんてことになって落ち着かない状態が続きそうです。ユーロ危機やリーマンショックの時もそうですが、世界経済が安定しないときは円にお金が集まりやすく円高になる傾向があります。ということで、しばらく円高が続くのかなぁ?!

そもそも今回の国民投票が行われた原因のひとつは移民問題だそうですね。移民の受け入れによって、仕事が見つからなくなったり、税金が増えたり、言葉が通じなくて困ったりなどさまざまな問題があるようです。

今後、本当にイギリスがEUから抜けるか抜けないのかまだはっきりしないですが、移民受け入れの負担の大きさや難しさについて少し考えさせられます。これから人口がどんどん減っていって日本も外国人が増えていくのかなぁなんて思うと、移民問題とは少し異なりますが他人事ではないような気がしました。

FXをやっているとこういったニュースにも自然と注目するようになりますね!

では、次回もよろしくお願い致します。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。