社会人に必要な実行力を身につける方法は?行動力だけではダメな理由

読了目安[ 5 分 ]

社会人として誰からも必要とされる人になるためには、どのような能力を身につければ良いでしょうか。

経済産業省が提唱している「社会人基礎力」は、「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力と、それらの能力を構成する12の要素があります。

参考|社会人基礎力(METI/経済産業省)

本シリーズでは、社会人1年生の柴田さんを通して、この「社会人基礎力」の「12の能力」を「12のスキル」としてクイズ形式で学んでいきます。

今回のテーマは、「前に踏み出す力」の構成要素である実行力です。まずは、あなたの実行力を事例クイズでチェックしてみましょう。

実行力の事例クイズ

新人の柴田さんは、今日の業務が終わり、ヨガに行こうと帰り支度を始めました。

ところが先輩の石橋さんに、「柴田さん、○○商事様から見積書届いてないって電話あったわよ。」と言われ大慌て。今日中に届ける約束の見積書をすっかり忘れていたことに気がつきました。

もう夕方なので、本日中に届けることは不可能な状態です。そんなとき、新人の柴田さんはどう対応すべきでしょうか。

A.すぐに〇〇商事へ電話をかけて謝罪し、今晩中に仕上げて明日の朝一番で届けると伝える
B.すぐに見積書を作成し、夜遅くなっても〇〇商事のオフィスのポストに投函しておく
C.すぐに〇〇商事へ電話をかけて謝罪し、都合を聞いて、指定された日時に見積書を届ける

実行力とは

実行力とは、目的を設定して計画を立て、計画を実際に行動に移す能力のことです。単に行動するだけではなく、行く着くべきゴールに向かって、確実に踏み出す力が必要になります。

そして、立てた計画をやりきったうえで、結果に繋げなければいけません。

もちろん、実際に行動をするということは、ときに失敗を伴います。失敗から学ばずに行動だけを続ける人は、行動力があるとは言えますが、実行力があるとは言えません。

ただ、失敗を恐れてばかりで行動を起こさなければ、社会人としての成長は止まってしまい、新しいものを生み出すこともできませんし、実行力も身につきません。

また、新しく一歩を踏み出したときに得られる成功体験や達成感などのやりがいも味わうことができません。実行力には、常に妥協しない気持ちとチャレンジ精神を持ち、粘り強く取り組むことが重要です。

実行力クイズの答え

A:△
B:×
C:〇

Aを選択する人は、素早い対応ができていることは評価できます。ただ、朝一番に届けることを勝手に決めてはいけません。顧客がそれで良ければ良いので、もう少しだけ考慮すれば良い実行力だといえます。

Bを選択する人は、相手の状況を理解する姿勢が欠けているうえに、自分の失態の穴埋めをしようとするだけの独りよがりな行動です。まずは、すぐに謝罪しましょう。そのうえで、自らの失態に対してどう対応するかで実行力が試されます。

Cを選択する人は、相手の意向を確認したうえで、計画的に行動することができる実行力が備わった対応です。

柴田さんは、すぐに〇〇商事へ連絡を入れて謝罪し、「見積書は今夜中にできますが、いつお持ちすれば良いでしょうか?」と相手の都合を聞いて、指定された日時に見積書を届けるようにしました。

実行力を鍛える5つのポイント

では、社会人に必要な実行力を鍛えるためにはどうすれば良いのでしょうか。基本は以下の行動を理解することです。

  1. 「まずはやってみよう!」という前向きな気持ちで動き出す
  2. 失敗を恐れずチャレンジして、貴重な経験をする
  3. 目標を達成する手順や方法を計画的に考えて取り組む
  4. するべきことは、常に優先順位を考えて行動する
  5. 目標達成のために強い意志を持ち、粘り強く取り組む

たとえ与えられた仕事でも、あなたが動かなければ仕事は始まりませんし、完結しません。仕事で成果を出すために必要なことは、目的までの最適な手順を理解し、物怖じせずに確実にこなすことです。相手の気持ちや立場も考慮したうえで、素早い行動を心掛けましょう。

社会人基礎力講座

  1. 社会人として誰からも必要とされる人になるための12のスキル
  2. なぜ社会人には主体性が必要なのか?主体性の事例と鍛える方法
  3. 働きかけ力を向上させたい!周りを巻き込むには人間関係と準備が大切
  4. 社会人に必要な実行力を身につける方法は?行動力だけではダメな理由
  5. 仕事の計画力を強くする方法は?普段の電話応対で計画力を自己診断
  6. 仕事の創造力を鍛えるには?必要なものは才能よりも知識と工夫
  7. 新社会人に必要な傾聴力とは?聴く力の向上で仕事を効率化する方法
  8. 仕事で発信力を高めるには?人間関係を構築する情報の正しい伝え方
  9. 柔軟性がある性格とは?仕事や人間関係を円満にする自己診断
  10. チームに必要な情況把握力とは?自分と相手の立場を理解する方法
  11. 規律性のある行動とは?人から信頼される規律を守る社会人診断
  12. 耐える力は必要なし!仕事のストレスコントロール力とは
  13. 社会人に必要な課題発見力とは?課題を見つける情報収集と整理方法

このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。