控除額は35%も…⁉︎「ボーナスの給与明細」見落としてはいけない項目

読了目安[ 3 分 ]

ボーナスシーズンに突入しています。

いくらもらえるのか、使い道はどうしようかと嬉しい悩みを持つ人や、ほとんどローンの返済にまわってしまうと嘆く人などさまざまです。

でも、待ち遠しいことに違いはないはず。今回はそんなボーナスの明細について、各項目内容を具体的に説明します。

支給額の確認も忘れずに

ほとんどの企業では、ボーナス明細の支給欄は「ボーナス」や「賞与」または「業績給」と一行書かれただけのものですが、金額だけを見るのではなく、毎月の給与支給額に対してどれぐらいの比率のボーナスが支給されているのか把握します。

また、決められた倍率や、歩合であればそれに合致しているかも確認しなければいけません。

控除額の根拠

一方、控除される項目と料率は以下となり、総支給額に料率を掛けたものが控除額となります。

  • 健康保険料   4.985%(新潟県)~5.165%(佐賀県)※1
  • 厚生年金保険料 8.914% ※2
  • 介護保険料   0.790% ※3
  • 雇用保険料   0.400% ※4
  • 所得税     0~45.945%
扶養親族数と前月の社会保険料等控除後の給与の額による
『賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表より(国税庁発行)』
※1協会けんぽの場合。都道府県によって料率が変わる、健康保険組合の場合は、組合ごとに料率は違う
※1・2平成28年3月分からの料率 最高限度額あり
※340歳以上65歳未満の方
※4一般の業種の場合

いかがでしょうか? 150万円までの支給額なら控除額はおよそ20%~35%となります。

「引かれる税金が多い気が…FPが解説“賞与の税金&手取り額”計算法」でも詳しく説明していますが、大きな額ですよね。

けれども、これらの社会保障制度によって、会社員はけがや病気による死亡や収入の減少、老後の年金、離職したときの生活保障など、もしものときには大変守られているのです。

そして何より大切なのは、それぞれ控除されている額は、支給額に対してどれくらいになるのかを把握しておくことです。それを知ることによってコスト意識が付き、節税への意識も高まってくるのです。

控除欄に違う項目があればそれは貯蓄のサイン

もしも、社会保障制度のほかに控除項目があれば、それは貯蓄のサインです。
ぜひ活用しましょう。例えば、「社内預金」「財形貯蓄」「持株出資金」などの項目があれば、企業独自の制度として導入されているものです。

それぞれの制度についての説明を受け、自分に最もメリットの大きいものを使って貯蓄をします。

給与明細は項目が多く見る気がしないものですが、ボーナス明細は比較的見やすいので、この機会にそれぞれの項目と金額について勉強し、明細を紐解くことにぜひ慣れてほしいです。

またボーナスをどう使うかについては
「FPがプロの視点で指摘!“ボーナスの本当に賢い使い方”2つの例」をぜひ参考にしてみてくださいね。

ボーナスにまつわる関連記事

  1. リーマンショックでボーナス額は変化した?平均支給額と10年間の推移
  2. 月末に辞めると得?ボーナス後が良い?会社の退職日の決め方と避ける日
  3. 税金や手取りはどっちが得?ボーナスなし年俸制とありの月給制の違い
  4. 控除額は35%も…⁉︎「ボーナスの給与明細」見落としてはいけない項目
  5. ボーナスを散財…すぐ金欠になる人のダメなお金の使い方

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。