割安なのに喜ばれる!マナーをおさえながら「お中元を贈る」方法

1

読了目安[ 3 分 ]

お中元の季節、まだまだ先だと思っていませんか?我が家では、毎年早めに予約し、早割を使って安く購入しています。

関東のお中元の時期は、7月1日~7月15日、関西のお中元の時期は7月15日~8月15日と、時期にズレがあります。その地域に住んでいる方にお中元を贈るときは、気をつけましょう。マナーを守って、気持よくお中元のやりとりを行いたいですね。

早割が圧倒的にお得

何事も早め早めにするとお得になるものです。それはお中元であっても変わりありません。お中元も、スーパーやデパートの早割を使うと、同じ品物であってもギリギリに注文するよりははるかに安く、注文することができます。計画的に行動し、早め早めの注文を心がけて、早割で得してしまいましょう。

例えば、デパートの『大丸』などであれば、早期早割として、『大丸特選ギフト』が10%オフ、酒類は5%オフ、『松坂屋』も、『松坂屋ギフト』が10%オフ、酒類も5%オフ程度となっています。

スーパーが意外とお得

デパートのお中元はデパートの利益が乗っているので、割高になりがちです。ですので、スーパーのちょっといい贈答品のコーナーで、お中元を見つけてみませんか? いつもの買い物のついでに注文できるので、交通費の節約にもなりますし、ベースとなっている値段が安いのでお得です。

お中元はマナーを守って!

お中元にもマナーがあります。しかるべきマナーを守って、特に時期には気をつけましょう。最近は関西と関東でも違いがなくなってきていますが、どうしても心配の場合は、関西と関東の時期がちょうど重なる7月10日ごろを目指してお中元が届くようにすると間違いないでしょう。相手に失礼に思われないように、気持よくお中元をお届けしたいものですね。

いかがでしたでしょうか? 関西と関東でお中元の時期が違うとは意外だったのではないでしょうか。最新のマナーをしっかりと身につけて、なおかつ安く、交際費をあげていきましょう。

お中元を贈る相手をピックアップし、デパートやスーパーに早めに立ち寄って、いちはやく割安のお中元を確保しましょう。ギリギリになればなるほど高くなってしまいますので、早めの行動が吉となります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。