よけいな出費をセーブ!子連れでも安心して花火を見るためには?

読了目安[ 2 分 ]

夏の風物詩である花火大会に足を運ぼうと考える人は多いでしょう。屋台でにぎわい、人が集まる中真っ暗な空に打ち上げられた美しい花火は見る人の心を奪い、毎年恒例の夏のイベントにしている人もいると思います。

しかし、花火大会に混雑はつきもので「グズる子どものためにおもちゃやお菓子を買う羽目になった」「夕立で傘やタオルを購入せざるをえなかった」など、予定外の出費が必要になったということもあり得る話です。

せっかくのイベントが苦い思い出にならないように、花火大会で家族全員が楽しむコツについてお話しします。

事前の持ち物チェック

花火大会では人が多いために、なかなか思うように行動が取れません。トイレには長蛇の列が並び、どこもかしこも渋滞で飲み物も買えない。また意外に思うかもしれませんが、人が集中している場所では携帯が繋がりにくいという問題もあります。このような事態をあらかじめ想定しておき、準備をする必要があるのです。

最低でも持ち物として、お金、携帯電話、地図、飲み物、タオル、レジャーシート、ティッシュ、雨具、うちわといった道具を持っていくといいでしょう。

混雑を避けて観覧するために

花火大会の人混みは気持ちを高めてくれるものと考えることもできますが、子連れではできるだけ人混みを避けたほうが無難です。少しお金を払ってでも有料観覧席を取ることをおすすめします。適度な収容人数できちんと係員が管理しているので安心できます。

間違ってもネットであるような穴場スポットは避けるようにしましょう。大体の穴場スポットは同じ考えを持った人が集まりますし、主催側の管理も行き届いていないため、トラブルが発生する可能性も高くなってしまいます。

帰りの混雑を避ける裏技

行きは元気だった子どもも帰りとなるとぐったりしているかもしれません。その中で再び混雑をかき分けて帰るのは、あまり賢い選択肢とは言えません。ですから、花火大会の後に近くのレストランを予約しているといいでしょう。

1時間ほど花火大会のあとにご飯を食べるだけでも、ずいぶんと帰りやすくなるでしょう。混雑を避けて楽しい花火大会を満喫してください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。