製造業は49万円支給!2016年夏のボーナス予想&注目の使い道は?

読了目安[ 3 分 ]

6月、7月といえば、サラリーマンにとって夏のボーナスが気になる季節ではないでしょうか。公務員など早い人は既にもらっているかもしれませんが、まだこれからという人もいるでしょう。

今回は2016年夏のボーナス予想とその使い道ということで、周りの人は一体どれくらいボーナスをもらっているのか、また、過去のデータから読み取る使い道を調査してみました。

2016年夏のボーナスは微増?

厚生労働省が発表した、2016年夏の民間企業のボーナスの平均支給額はおよそ358,000円と予測しており、前年比から2.1%アップしています。およそ毎月の給料の1ヶ月〜1.5ヶ月分といったところでしょうか。この発表では、民間企業の中でも製造業と非製造業に分かれており、製造業のボーナスは約50万円近くとかなりの金額が支給されるであろうことがわかります。

それをさらに上回るのが国家公務員のボーナス。内閣人事局が発表したものによると、管理職や非常勤を除く公務員のボーナス支給額は平均634,800円と公務員の安定感が強調される結果となりました。

ただ、国家公務員よりも圧倒的に、企業で勤める人数が多いと考えられるので、企業によってはボーナスの金額がさらに多いことも十分に考えられます。

ボーナスの使い道はこれだ!

上記ではボーナスの金額についてお話ししましたが、続いてはその使い道についてお話しします。2015年の夏のボーナスの使い道に関して、『価格.com』が発表したレポートによると、圧倒的に“貯金”が多いことがわかります。

ボーナスを使う金額もローン返済と並んで高額で、子どもや老後のために貯金をしている人が多いという結果になりました。そしてもう一つ注目したいのが株や投信といった金融商品を購入する人の割合も大きくなっているという点。

2020年の東京オリンピックやアベノミクスの経済効果によって大きくお金が流れ込み稼いだ人も多いとあって、ボーナスで投資にお金を使う人の伸び率が大きくなっています。おそらく2016年もこの傾向は続くのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。今回は夏のボーナスの支給額予想とその使い道ということでお話しました。家庭を持っている方はどうしても現実的な使い道になってしまうかもしれませんが、半年に一度の貴重なボーナスなので、少しは贅沢も楽しんで下さい。

また、マネーゴーランドが行ったアンケートによるとボーナス支給がない人が大部分でした。隣の人のお財布事情をチェックするなら「ボーナス支給無しは62%!給料事情を発表【マネーゴーランド意識調査】」をご覧ください。

さらに、ボーナスを預けるのなら「金利orおまけで見極める!FPおすすめ“ボーナス預け先ランキング”」または「ボーナスで始める!FPおすすめ“外貨預金”金利ランキング」も参考にしてみてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。