【節約絶景ドライブ】四万十川沿いを走り足摺岬の大絶景を見に行く

3

読了目安[ 7 分 ]

節約絶景ドライブ:四万十川から足摺岬を満喫ドライブ編

これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。
題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします

大自然の雄大な絶景を無料で楽しもう

日本最後の清流と名高い四万十川。その透き通るような川の流れを求めて、日本全国から多くの観光客が来訪します。
今回はそんな四万十川を沿って清流を楽しみながら、四国最南端に位置する足摺岬を目指してドライブ。終点にはお遍路さんに人気の八十八か所巡りの巡礼寺もあるなど見どころも満載です。

おすすめスポット●12

四万十川沿いを走り足摺岬の大絶景を見に行くプラン

  • ルート:四万十町中央IC→国道381号→道の駅四万十とおわ→国道441号→四万十・川の駅カヌー館→岩間の沈下橋→四万十市内→国道321号→県道27号→足摺岬灯台→金剛福寺
  • 距離:約140km
  • 所要時間:約210分

▼日本最後の清流として有名な四万十川に沿って進む今回のルート。
【節約絶景ドライブ】四万十川から足摺岬を満喫ドライブ

北陸自動車道の小松ICからスタート!

ドライブは高知自動車道の終点となる四万十中央ICからスタート。
2011年に延伸された高知自動車道によって四万十川へのアクセスが容易になりました。
国道381号を西に向かうと自然と四万十川沿いを走ることになりますが、我々が思い浮かべる最後の清流の風景はまだしばらく先。

途中でJR予土線と並行して走る381号をしばらく道なりに進むと、国道439号と分かれるY字路が出現。
これを381号方面に向かうと四万十川の景色が堪能できますが、時間にあまり余裕がない方は439号で南下すると足摺岬へのショートカットになります。
381号をいちど北上し、再び481号との分岐に出て381号方面に左折。
四万十川を渡ってトンネルをくぐるといよいよ四万十川の景色を楽しみながらのドライブが始まります。

四万十川の景色を堪能する節約絶景ドライブ

途中には道の駅「とおわ」があり食堂もあるので小腹を満たすのもおすすめ。
ここで車を一旦止めてレンタサイクルで四万十川を楽しむのも一興。
この道の駅の近くにも半家の沈下橋があります。

国道381号から441号へ乗り継ぐと、周囲はやがてのどかな自然の中へと移り変わります。
しばらく進むと有名な岩間沈下橋が登場。増水したときに橋が流れないよう欄干のないコンクリートの橋は、実際に車で渡ることも可能ですが、けっこう危険なので車ではなく徒歩や自転車などで渡るのがおすすめ。

この岩間の沈下橋は最も四万十川らしい風景を楽しめるおすすめポイントです。
ちなみに沈下橋はほかにもたくさんあり、四万十川流域には全部で47か所も架橋されています。

さらに441号を四万十川に沿って南下。
中半休憩所を過ぎ、曽我神社を過ぎると勝間の沈下橋が登場。
この近くにある「かわらっこ」という施設に立ち寄るとカヌーを使った川下りや勝間の沈下橋からのダイブなど川遊びなどが楽しめます。

雄大な風景とワインディングロード

国道441号は四万十川を離れて山深い道を進むと、四万十市街に到着。
ここからは国道321号でさらに四国の最南端を目指します。
四万十川の河口を左に見ながら進むと目の前に大きな山が迫り、ワインディングロードが始まります。

その後海沿いの道をひたすら進み土佐清水市に入ると足摺サニーロードと県道27号の分岐に到着。
ここではサニーロードではなく県道27号に左折。
多少心細い山道を登ると、やがて足摺岬の突端にある灯台に到着。

灯台近くは観光スポットなので駐車場やトイレ、レストランなども完備されているので安心です。
ちなみに灯台から歩いてすぐの場所に、四国八十八か所第38番札所の金剛福寺があり、参拝するのもおすすめです。

節約絶景スポット1 四万十川

四国で最長を誇る一級河川の四万十川。
静岡県の柿田川、岐阜県の長良川とともに日本三大清流と呼ばれ、名水百選、日本の秘境100選にも選ばれています。
高知県内を蛇行しながら進み、美しい山間とのコントラストが楽しめる絶景ポイントです。

流域には多くの湧き水があるのも清流を今なお守るポイントのひとつ。
日本の河川では珍しく流速がゆったりとしていることからカヌーのスポットにもなっています。
清流のため漁業も盛んで、四万十川で釣れた鮎料理を楽しめる食堂も多く点在しています。

節約絶景スポット2 沈下橋

四万十川を有名にしているのがこの沈下橋という建造物。
台風や大雨によって川の水量が増水したときに、橋自体がそのまま川の中に沈下することからこの名前が付きました。

水の抵抗を減らすために橋には欄干がないのが最大の特徴で、初心者は車で橋を渡らずに徒歩で渡るのが無難。
支流も含めると47本もの沈下橋が四万十川には架橋されていますが、中でもおすすめは岩間の沈下橋と佐田の沈下橋。
岩間の沈下橋は撮影スポットとして有名で、佐田の沈下橋は近年ドラマの舞台になったことで人気に火が付きました(佐田の沈下橋は四万十市街の近くにあり、今回のルートからは少し離れた場所にあります)。

節約絶景スポット3 足摺岬

四国最南端の地で、室戸岬とともに太平洋に突き出た2本の角の片方がこの足摺岬。
ミシュラン・グリーンガイドにもその絶景ビューが2つ星で紹介されています。

80mという断崖絶壁を立つ展望台からは地球の丸さを見ることができる太平洋が一望できます。
駐車場は2か所、計200台もの車が無料駐車できるので安心。
駐車場から展望台までは遊歩道も完備されています。
お土産物屋やレストランもあるので休憩や食事も可能。
歩いてすぐのところには金剛福寺があり、多くのお遍路さんたちで賑わっています。

▼ゴール地点の足摺岬からは地球の丸さを見ることができます。
【節約絶景ドライブ】四万十川から足摺岬を満喫ドライブ

節約テクニック

日本最後の清流から四国最南端の絶景を求めてドライブを楽しめる今回のルート。
途中にはあまり人工的な施設はありませんが、その分手つかずの大自然を思い切り堪能することが可能。
小さなお子さんのいる家族連れの方におすすめです。

ただし今回のルートは国道とはいいながらも、決して走りやすい道ばかりではないので、運転には注意が必要。
車酔いをする方は酔い止め薬は必須です。
ゴールとなる足摺岬から土佐清水市街まで出るのは、来た道を戻るかさらに県道27号を進むかになりますが、いずれもかなりの山道を走ることになるため、あまり暗くならないうちに出発した方が良さそうです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。