梅雨時期の激安カビ対策!100円ショップで調達「手作り防カビスプレー」作り方

読了目安[ 3 分 ]

湿度が高い梅雨の季節、カビが怖いですよね。我が家では、防カビ剤を手作りしています。
そうすることで、環境にも優しくてエコな防カビ剤を作ることが可能となります。

湿気のひどい梅雨の季節、手がつけられなくなる前に手作り防カビ剤で湿気対策を。
今年はぜひ、手作りしてみませんか。

100円ショップで売っている、オスバンと無水エタノールという液体で作る

梅雨本番前に自作カビキラー
手に入れやすい材料で、お安くすぐに作ることが出来ますよ!

材料

材料 使用量
無水エタノール 80cc
※消毒用エタノールがある場合は不要
オスバン(塩化ベンザルコニウム10%濃度) 4ml
スプレー容器 100cc以上入るもの

防カビ剤の作り方:材料を混ぜ合わせる

まずは、無水エタノールを濃度80%に薄めます。
消毒用エタノールの場合は75%ですので薄めなくともそのままでOKです。
水20ccと無水エタノール80ccで合計100ccのエタノール水を作ります。

その後は、オスバン(塩化ベンザルコニウム10%濃度)を約4ml入れます。
これらをスプレー容器に入れてシェイクすると完成です。

ここで紹介した容量でだいたい1本(3ヶ月分)の防カビ剤が作れます。
これで、梅雨の時期を乗り切りましょう。

防カビ剤の使い方:キッチンペーパーを利用

あとは、キッチンペーパーに防カビ剤を含ませて、カビに付着させて数十分おきます。
そして洗い流すだけです。

それでもカビが取れない場合は、カビにキッチンペーパーで蓋をしたあと、その上からラップをして密着させ、そのまま半日ほど放置します。
これを3回も繰り返せば、ある程度のカビであれば取れるでしょう。
お風呂場などは全体的に防カビ剤を塗布するといいでしょう。

市販の防カビ剤は強力ですが、手作りしたほうが環境に優しく、それに何より、節約になります。
ぜひ防カビ剤を手作りして、お家を清潔に保ちましょう

清潔をキープするのに、意外とお金はかからないものなのです。
カビを予防する観点からも、防カビ剤を手作りしてみることは、おすすめです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。