仕事効率アップ!寝苦しい梅雨の夜でも「ストンと眠りにつく方法」とは

1

読了目安[ 3 分 ]

雨が降り続く梅雨の夜は寝苦しいと感じる人も少なくないでしょう。ジメっとした空気の中では、すっきりとした気分で過ごすことが難しく睡眠の質が下がってしまうこともよくあります。

そんな満足できない睡眠では仕事にもダイレクトに悪影響を与えるでしょう。毎日眠い眠いと目をこすりながら仕事をするか、スッキリと疲れが取れた状態で仕事に向かえるか、どちらの仕事効率が良いかは火を見るよりも明らか。それはやがて給料や昇格といった形にも跳ね返ってしまうでしょう。

そこで今回は、寝苦しい梅雨の季節に悩むあなたへ、すっきりと眠る方法についてお話しします。

クーラーを使う

最も簡単に、快適な睡眠がとれる環境を作る方法としてクーラーを利用するという手があります。クーラーを使うことで得られる効果は部屋の温度を下げるだけでなく、除湿効果も期待できます。

梅雨の時期に寝られない原因には気温だけでなく湿度も関係しているので、除湿器やクーラーの除湿機能の利用も効果的といえるでしょう。

お風呂はぬるめの温度でゆっくりと

お風呂にきちんと浸かって疲れを癒す効果は計り知れません。特に汗をかいた日にゆっくりとお風呂に浸かると気分もリラックスできますよね。また、人間は体の深部体温が下がるときに眠くなるといわれており、そのためには一度体温を上げておくことが大切。このようなことからもお風呂に入ることは、スムーズに眠りにつくために良い方法と言えるでしょう。

普段はシャワーだけで終わらせるという人や暑い日にはお風呂には浸からないという人も、ぬるめのお風呂に10分ほど浸かることをおすすめします。

晴れたら布団を干そう

梅雨の季節ではなかなか機会がないかもしれませんが、晴れの日があれば布団を干すこともおすすめ。というのも部屋の湿度が高いと布団も水分を吸ってしまうため、布団に体が触れたときの肌触りが心地よくありません。

さらに布団の湿度が高くなっていると、睡眠中にかいた汗を吸ってくれないため、暑さで夜中に目が覚めるということも十分に考えられるのです。水分を含んだ布団で寝るのではなく、太陽を浴びてフカフカになった布団の中で睡眠を取りましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。