398円の利息で満足?FPがすすめる「今こそ始めたい投資法」とは

2

読了目安[ 5 分 ]

日本経済団体連合会が6月7日に発表した『2016年夏季賞与・一時金』によると、今年の夏のボーナスは大手企業の平均で、昨年比3.74%増の92.7万円。ボーナスの使い道としては、貯蓄にまわす方がきっと多いことでしょう。

しかし、貯蓄の具体的な方法で多くの方が選ぶのが預貯金です。果たしてそのままで良いのでしょうか?

日本人には「お金を増やす」思考がない⁉︎

預貯金に預ける人があまりにも多いのは「さすが日本、やはり日本」という気持ちになります。このマイナス金利時代においても“減ることのない預貯金信仰”、といったところでしょうか。

現在の大手都市銀行の普通預金口座の金利は0.001%。さらに20.315%の税金を考慮すると、100万円の預入れで1年間でつく利息は、約8円。雀の涙とも言える利息なのに、そこにさらに税金がかかると考えると悲しくなる計算です。仮に100万円を大手銀行の定期預金5年物0.01%に預け入れるとしても、5年間で受け取れる利息は398円です。

が、それでも預貯金を利用するというのは、タンス預金と同じようなもので「お金を増やす」という思考が、そこにはないからではないでしょうか。

おすすめはETF(上場投資信託)

そこでファイナンシャルプランナーである筆者がオススメしたいのは、やはり投資という選択肢。理由は明快で、簡単だから。というと、誤解を招くかもしれませんが、100万円ほどの資金でも預貯金で眠らせて置くよりは、よっぽど良い運用益を期待できます。

では具体的な投資の方法についてですが、まず株について考えてみましょう。株というと、個別銘柄を選んで日々株価の変動に気を揉む…ということを想像して敬遠される方も多いでしょう。デイトレーダーではない普通のサラリーマンやOLは、そのような事は長続きしません。また本業である仕事や主婦業に支障をきたす恐れもありますので、オススメはしません。

筆者がここで取り上げたいのは、「ETF(上場投資信託)」です。ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、証券取引所に上場している投資信託の事。一般の株式と同じように、売り買いをすることができます。つまり、ETFは「○○円で買う、○○円で売る」といった注文ができ、株式に近い感覚で運用ができる投資信託なのです。

保有割合・投資法は?

おススメの保有割合は、インデックス系(日経平均やTOPIXなどの指数に連動するもの)と、コモディティ系(金やプラチナなどの商品)を50%ずつ持つ方法です。

インデックス系は、市場全体に分散投資できるというメリットがあります。銘柄選択も機械的であり、ファンドマネージャーの腕は気にする必要はありません。分散投資は、リスクを抑えつつリターンを狙う投資方法です。

コモディティ系は、株価とは異なる動きをしますので、こちらと組み合わせると、全体ではプラスのリターンとなる可能性が高まります。

またETFは一気に購入するのではなく、平均取得単価を下げる効果がある積み立て投資をオススメします。毎月コツコツと無理のない範囲で積み立てていくのが良いでしょう。

たとえば5年間という期間を設けた場合、日々一喜一憂することなく、腰をすえて傍観するぐらいの気持ちで、5年後の結果を楽しみに待ちましょう。

直近の運用成果でいえば、某インデックス系の収益は、過去1年間で-17%、3年間で+20%、5年間で+67%となっています。また、某金のETFでは、過去1年で-8%、3年で-6%、5年で+5%となっています。仮に組み合わせて半分ずつ保有すると、過去1年で-12.5%、3年で+7%、5年で+36%です。収益のブレ幅が狭くなり、安定した運用を行えます。

未来の運用成果をここで予言することはできませんが、少なくとも、0.01%という低金利の定期預金で眠らせておくよりは、はるかに大きなリターンが期待できるのではないでしょうか。

株やETFなどの投資信託への投資は、元本が保証されるわけではないので、投資の目を養いながら、取り組むことが何より大切です。ボーナス支給シーズンの今こそ、ぜひ行動を起こしてみませんか。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。