【節約絶景ドライブ】世界遺産・白川郷を見に行こう~白山白川郷ホワイトロードで行く岐阜&石川を満喫ドライブ~

5

読了目安[ 8 分 ]

節約絶景ドライブ:岐阜&石川を満喫ドライブ編

見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるための連載企画。
題して「節約絶景ドライブ」。

みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

日本の大自然を満喫できるおすすめコース

岐阜県を流れる庄川の流域にある白川郷。
そこにある合掌造りの集落は、五箇山とともに1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。
今回はそんな日本にある世界遺産を巡るドライブルート。
6月4日に全線開通されたばかりの白山白川郷ホワイトロードを通り、日本の原風景ともいえる合掌造りの素朴で雄大な景色を見に出かけてみませんか。

おすすめスポット●11

白山白川郷ホワイトロードで世界遺産を見に行くプラン

  • ルート:小松IC→国道360号→国道157号→中宮料金所→ホワイトロード→馬狩料金所→白川郷→白川郷IC
  • 距離:約60km
  • 所要時間:約120分

▼白山白川郷ホワイトロードの県境にある栂の木台展望台からの眺め。
栂の木台展望台からの眺めの画像

ドライブは北陸自動車道の小松ICからスタート。
すぐ近くには小松空港もあるので、空港からレンタカーを借りてドライブに出かけるのもおすすめです。

ICを下りたら国道360号をしばらく進み、国道157号に合流。
その後は手取川に沿ってしばらく進みます。ちなみにこの一帯はすべて「手取川ジオパーク(https://hakusan-geo.main.jp/」」という自然公園の一種に指定されており、大自然の雄大な景色が随所で眺められるポイント。
ホームページにはおすすめビュースポット紹介もあるのでチェックしてみてください。

国道157号から再び国道360号に道が変わる頃には、景色は山深くなり標高も上がってきます。
ちなみに157号をそのまま進むと、手取湖に向かうのですがその途中に「ハーブの里ミントレイノ」という施設があります。
ロッジ風の瀟洒な建屋と香しいハーブの香り、そしてオルゴールの音色が聞こえる中でゆっくりランチやお茶を楽しむことができます。

道をもとに戻して国道360号を進むと、やがて白山一里野温泉が見えてきます。
ここを過ぎればホワイトロードがスタート。
その前に立ち寄り温泉に浸かってしばし休憩するのもおすすめです。

白山白川郷ホワイトロードはかつて「白山スーパー林道」と呼ばれた道路で、石川県と岐阜県を結ぶ標高600~1,450m、全長33.3km、幅員6.5mの有料道路。現在は全線すべてが舗装されているので、安心してドライブを楽しめます。
6月上旬から11月10日までの期間限定ですが、今年はすでに開通しています(6月4日に開通)。
片道1,600円(普通車)を支払って中宮料金所を通るといよいよホワイトロードが始まります。

有料道路内にはいくつもの絶景スポットがあり、いずれも駐車場がしっかりと完備されています。
ホワイトロードを走ると、しりたか滝、赤石の滝、岩底の滝、かもしか滝、姥が滝と名瀑が続きますが、ぜひ車を停めてみてもらいたいのがふくべの大滝。
その水しぶきがときに道路にまで落ちてくるほどの大迫力を見ることができます。
栂の木台の展望台を過ぎると県境となり、渓谷にまたがる鉄橋を超えれば岐阜県に入ります。

岐阜県に入るとまず三方岩駐車場がありますが、ここはホワイトロードで最も標高が高い(1,450m)場所にある駐車場です。
その先には白川郷展望台があり、中には蓮如茶屋があるのでひと息入れるのもおすすめです。
ここを過ぎたら馬狩料金所がありホワイトロードは終了。
馬狩料金所を過ぎれば5分足らずで世界遺産のまちが見えてきます。

合掌造りの茅葺屋根が見えてくると、そこは白川郷。ぜひ車を停めてゆっくりと散策を楽しんでみてください。
世界遺産のまちなので多くのレストランやカフェがあり、古民家で郷土料理を味わったり、名物の朴葉味噌を使った料理などが楽しめます。

帰りはそのまますぐ近くの白川郷ICから東海北陸自動車道に乗ることができるのでとても便利。
時間に余裕のある方は、白川郷から庄川沿いを走る国道156号を北上して、五箇山の合掌造りを見に行くのもおすすめです。

★節約絶景スポット1:ふくべの大滝(ホワイトロード)

1977年に開通した白山白川郷ホワイトロード。
もともとは白山スーパー林道と呼ばれていましたが、全線舗装化されたことに伴って2015年に名称を変更。
非常に景観の良い隠れた人気ドライブコースです。
林道と訊いて不安に思う方もいるかもしれませんが、現在は観光バスも多く走っており2車線も確保されているので安心してドライブを楽しめます。
そんなホワイトロード随一の絶景ポイントがこちら。
蛇谷にある8滝のうちで最も水量の多い滝で、落差は約80m以上。そこから上がる水煙は、ときに道路まで届くほど。
駐車場完備なので、車を停めて間近でマイナスイオンを浴びることができます。

★節約絶景スポット2:三方岩岳(ホワイトロード)

ホワイトロードの岐阜県側に位置する三方岩駐車場。
そこから登山道を40分ほど歩くと、標高1736mの三方岩岳頂上に登ることができます。
頂上の近くに飛騨岩、加賀岩、越中岩という岩壁があることからその名が付けられました。
白山三峰の稜線や白川村にある湖が見える絶景スポットで、晴れた日には北アルプスの山並みまで見渡すことも可能。

★節約絶景スポット3:白川郷合掌集落

1995年に世界文化遺産に登録された白川郷。
現在は114棟の合掌造りの家が立ち並んでいます(荻町集落)。
馬狩料金所の近くにある城山天守閣展望台に上がると、集落の全景を俯瞰で眺めることができます。
庄川沿いに沿って並ぶ合掌造りの家は、一部内部を見学することも可能。
散策に疲れたら合掌造りを改装したお茶屋さんや食事処で休憩するのも良し。
ちなみに白川郷の中には日帰りで利用できる温泉施設があるので、帰路に着く前に汗を流すのもおすすめです。

▼世界文化遺産に登録された白川郷の合掌造り集落。
白川郷の合掌造り集落の画像

節約テクニック

アウトドア好きには知られていても、普通の人にはあまり縁のないホワイトロード。
旧スーパー林道というと尻込みをしてしまいがちですが、ぜひいちど出かけてもらいたいほど雄大な自然が楽しめます。
有料道路ですがいちど中に入れば駐車場や休憩スポットがきちんと用意してあるので安心。
さらにその先に待ち構えているのが世界遺産となれば、期待も高まるというもの。
大自然が好きな方にはぜひおすすめしたい、あまりお金も散在しないドライブコースです。

ちなみにホワイトロードは通年走行できるわけではないのでご注意ください。今年は6月4日から11月10日までとなっています。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。