税金の季節到来!?

1

読了目安[ 3 分 ]

みなさんは6月と聞いて何を連想しますでしょうか?おそらく「梅雨で嫌な季節」とお答えの方が多いのではないかと思います。しかし実はこの時期、ある支払いが多くなる嫌な時期でもあるのです。その支払いとは・・・。お察しの通り『税金』です。

特に個人事業主は、下手をするとかなりの出費となり、資金手当てが大変になることもあります。また、5月病となり退職してしまい、再就職できていない人も同様にとてもつらい時期となります。請求書が届いてから慌てないためにも、どんなものがあるのかおさらいをして心とお金の準備をしましょう。

1.まずは請求1発目!「予定納税」です。

これは個人事業主などが該当しますが、H27年分の確定申告で所得税が15万円以上の年税額があった場合、H27年所得税の納税額(1年分)の1/3を7月中に前払い納税(1回目)することになります。

また消費税についても前払い納税が必要な場合があり、前年の国税部分の納税額が48万超(地方税を合わせた合計では60万円)であれば、その金額に応じて年1回、3回、11回の予定納税の支払いが発生します。年1回であれば7月~8月末で、年3回の場合は4~5月、7~8月、10~11月の各期間で納税しなければいけません。

2.続いて2発目!「固定資産税」

こちらもこの時期7月末に2期目の納税期限がやってきます。第1期で一括納付するか、4回に分けて分納という形になります。

3.そして3発目!「不動産取得税」

住宅ローンの適用を受けようと昨年末に滑り込み購入した方は、早ければこの時期が納付期限になることがあります。

4.さらに4発目!「自動車税」

4/1に自動車を持っていると、5月中に納税通知書が送られてきます。納付期限は5月末です。金額は排気量によって異なります。

5.まだあります5発目!「住民税」

退職や個人事業主の場合は、会社で天引きができないので自身で納税しなければなりません。住民税は昨年(H27年分)の所得に対応する税額を3カ月毎4回に分けてH28年6月以降で納付します。第1期目の納付期限が6/30となります。

6.とどめの6発目!「国民健康保険・国民年金」

こちらは6月に一括納付または半額納付、もしくは1/10を納付と3通りの中から選択します。一括や半額を納付する場合は、少し割引があったりします。また、クレジットカードや電子マネーでも支払いが可能なので、お住まいの自治体に確認してみてください。

以上のように6月前後1ヶ月も含めますと、この時期支払期限のある税金が多いことがおわかりかと思います。支払いが遅れてしまうと前回お伝えしたようなペナルティがかかってしまいますが、前もって準備をすれば、納税を一括にまとめたりクレジットカードにしたりすることで多少のメリットがありますので、是非ご確認ください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。