〜確定拠出年金法改正案〜【第42回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 2 分 ]

確定拠出年金制度とは個人や会社が将来の老後資産の準備のために積立金を拠出して、それを個人個人が管理運用していく制度になります。

2つの確定拠出年金タイプ

確定拠出年金には、大きく分けて2つのタイプがあります。

1つ目は企業型確定拠出年金

勤務している会社が導入していて、その制度を利用する場合。

2つ目は個人型確定拠出年金

利用したい人が個人で手続きをして加入するという制度です。

確定拠出年金における税金上のメリットが3つ

1つ目は積み立てをするときの所得控除

積み立てをした金額に応じて払う税金が少なくなる。

2つ目は運用中の優遇

運用期間中に増えたお金に対して税金がかからない。

3つ目は積立資金の優遇

最終的に積み立てた資金を受け取る際の税金が優遇されています。

誰でも入れるようになった確定拠出年金

これまでは企業型であれば勤務先が導入しているということが必要で、個人型に加入できる人も自営業者や一部の年金制度のない会社に勤めている人だけが対象でした。来年以降は専業主婦や公務員の方、会社で確定拠出年金が導入している企業にお勤めの方であっても、追加で個人型に加入できるようになります。

個人型確定拠出年金を利用する際の注意点としては、一度加入すると基本的には60歳まで脱退できない制度になりますので、この点は注意が必要です。

そしてもう一つ大きなポイントになるのが、金融機関の選択です。制度に加入する窓口となる金融機関によって手数料や商品のラインナップが大きく違います。どこの金融機関で確定拠出年金を利用するかということは非常に大きなポイントになります。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。