賢く・安く・美しく!「節約しながら紫外線対策」ちょっとしたコツ

1

読了目安[ 2 分 ]

女性にとってこれからの季節は、どうやって紫外線対策をしていくか、ということが気になるはず。しかも子どもがいる方なら、一緒に外に出る機会も多く、しっかり対策をしておかないと、秋に後悔することになってしまいます。

そこで、今回はちょっとしたコツで、費用を抑えながら紫外線から顔や体を守る方法を考えてみましょう。

100円ショップでサンバイザーを調達

サンバイザーなどは、百円均一で購入することができます。つばが広いものなら、かぶったときの見た目はちょっとびっくりしてしまうかもしれませんが、紫外線から顔を守る効果は高くなるでしょう。

また、たたんで持ち運びできるようなタイプもありますので、子どもたちと公園に行く時は持って行くとよいでしょう。頭皮も紫外線によってダメージを受けるので、できれば頭からかぶるタイプのものがおすすめ。帽子などもつば広タイプのものを選ぶようにしましょう。

日傘は晴雨兼用

美白にこだわっている女性にとって日傘は重要なアイテムですが、日傘単体を買うのは、正直もったいない。晴雨兼用にすれば節約になりますよ。

デザイン性が高く、おしゃれなものもたくさん売られています。梅雨にも初夏にも真夏にも使える日傘で、UVを最大限カットしましょう。私は雨の日も晴れの日も、同じ傘を使っています。可愛らしいデザインで、外出が楽しみになります。

UVカットの長袖

今は紫外線UVカットを施した洋服が販売されています。少し暑いかもしれませんが長袖を着ることによって、直射日光に肌をさらさず肌を守ることが可能となります。やはり、直接肌を露出していると、日焼けする面積も広くなってしまいますし、後々のケアも大変です。

うっかり日焼けしてしまったら、美白ケアは高価なものも多く、予想外に出費がかさむことになってしまうかもしれません。そうならないためにも、賢く紫外線対策を行ってみましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。