「理想は5%」が4割!消費税増税についてどう思う?【マネーゴーランド意識調査】

読了目安[ 2 分 ]

2017年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げについて、安倍晋三首相が6月1日、2019年10月まで2年半延期することを正式に表明しました。

これを受けて、全国の男女1,468名を対象に『消費税増税に関する意識調査』をマネーゴーランド編集部が緊急実施。この増税先送りのニュースについて、人々がどのように捉えているかを調べました。

増税延期に57%が賛成

まず消費税10%引き上げ延期に関するニュースについて、「知っている」と回答した人は88%もおり、消費税引き上げに関する世間の関心度の高さが明らかとなりました。

増税の延期について「賛成」は57%で「どちらでもない」が33%、「反対」はわずか10%にとどまりました。

Q1:消費税増税の時期延期の発表があったことを知っていますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

Q2:今回の消費税増税の延期についてどう思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

理想は「8%以下」が約7割

「消費税は何%にするべきか」という質問に対して、最も多かった回答が、40%の人が選んだ「5%」。「3%」と回答した人は18%で、「8%」を選んだ人は11%であり、現在の8%を維持するかまたはそれより低くするべきと考える人を合わせると、全体の約7割になりました。

一方、現在の税率よりも高い「10%」や「11〜15%」「15%以上」を選んだ人は合計約2割という結果になりました。

Q3:消費税は何%にするべきだと思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

増税によって社会保障充実を求める声が多数

「消費税を増税するなら国に何を求めますか?」の問いには、「社会保障制度の充実」が38%で最も多く、「国会議員の定数削減(29%)」「国の借金返済など財政再建(15%)」と続きました。

Q4:消費税を増税するなら国に何を求めますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

消費税増税延期は参議院議員選挙に影響大か

最後に、今回の増税延期と7月に行われる参議院議員選挙について。「今回の増税延期は参議院議員選挙に影響があると思うか?」との質問に、「大いに影響がある」「やや影響がある」を合わせると59%となり、「あまり影響はない」「影響はない」の合計26%を大きく上回りました。

また「参議院議員選挙の投票に行きますか」と聞いたところ、「必ず投票する」「たぶん投票する」で51%となり、「投票しない」は15%、「今はわからない」は25%でした。

Q5:今回の消費税増税延期は、次回の参議院議員選挙に影響すると思いますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

Q6:次回の参議院議員選挙に投票に行きますか?
消費税10%への引き上げ延期に関する意識調査、マネーゴーランド

さまざまな税金の中でも、私たちに最も身近なものが消費税です。増税延期のニュースをきっかけに、家族と一緒に税金について考えてみても良いかもしれませんね。

※上記集計は2016年5月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果です。(対象:全国の男女、回答数1,468名)

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。