初心者でもわかる!目的に沿った投資タイプの活用方法

1

読了目安[ 2 分 ]

東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行で10年超の勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして活躍する高橋忠寛さんに、投資タイプの違いについてレクチャーしていただきました。

FXとは値動きの予想をする取引

FXとは、為替の値動きを予想する取引になります。少ない元手で大きな取引も可能です。注意点としては投資をした金額以上の損失が発生する可能性もあります。

株式投資とは企業に活動資金を提供すること

つまり会社のオーナーの一人になるということでもあります。株式投資によるリターンとは、企業が利益を上げてその一部を還元する配当を受け取るという方法が一つあります。もう一つの方法としては、株価が上昇しているときにその株価を売却して、値上がり益を受け取るということです。

投資信託は運用のプロ集団

投資信託とは多くの人から集めたお金をプロが代わりに運用してくれる仕組みになります。様々なタイプがあり、国内の株式だけで運用する投資信託もありますし、海外の株式や債券、あるいは金や原油、不動産、そういった実物資産に投資をする投資信託もあります。

重要なことは目的に沿った投資タイプを活用することです。手間暇をかけてでも短期間にお金を増やしたいという場合にはFXや個別企業への株式投資。逆にできるだけ手間暇をかけずに長期でゆっくり資産を成長させていきたいということでしたら、株式投資に長期で取り組むか、あるいは投資信託を使っての資産形成が適しています。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。