雲海広がる避暑地の美ヶ原高原|長野県信州ビーナスライン節約ドライブ

読了目安[ 7 分 ]

見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

今回の節約ドライブは、長野県信州ビーナスラインです。

節約ドライブスポット:長野県信州ビーナスライン・雲海の広がる美ヶ原高原のドライブ

信州ビーナスラインからの大絶景雲海

平均標高は1400mで、最も高い場所で標高1940m、名前の響きがすでに素敵な美ヶ原高原(うつくしがはらこうげん)は、長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる八ヶ岳中信高原国定公園にある高原で、日本百名山のひとつにも数えられています。標高は2,000mにも及ぶため、雲海を間近に見ることができる絶景スポットとして有名なスポットです。

そして、国道152号と交わる御座石神社交差点を始点とし、蓼科湖、白樺湖、美ヶ原高原を結ぶ約75kmの信州ビーナスラインは、長野県の茅野市街と美ヶ原高原をつなぎ、霧ヶ峰高原や美ヶ原高原には、約200種類の高山植物が自生しています。各所にある展望台で、雄大な山並が続くパノラマが一望できる日本の代表的なドライブルートとして知られています。

冬はもちろんスキーのメッカですが、夏も綺麗な高山植物がたくさんなだけでなく、リフトで登った車山山頂からは、初心者でも歩きやすい自然道が整備されていることから、ハイキングのメッカとして人気が高いのが車山高原です。

車山高原から霧ヶ峰高原一帯はニッコウキスゲの群生地としても有名で、車窓からは黄色い可憐な花を眺めることができ、蓼科高原の中心、蓼科山の南麓にある人造湖の蓼科湖の周囲は、カラマツや白樺の林に囲まれているため、四季折々に楽むことができます。

霧ヶ峰の湿原のなかでも最大の高層湿原である八島ヶ原湿原は、1万2000年もの時を刻み形成されました。八島ヶ池など池も点在し、周囲には所要時間1時間30分ほどのハイキングコースがあるので、ここだけを目指してドライブし、ハイキングというデートもありかもしれませんね。

かつて池ノ平と呼ばれた湿原だったところで、昭和21年に造られた人造湖の白樺湖は、その名の通り周囲に白樺が多い場所です。西白樺湖、東白樺湖、南白樺湖それぞれにボートハウスがあるので、デートにも最適でしょう。

おすすめは全線無料でお得なビーナスラインで行く美ヶ原高原プラン

  • ルート:諏訪IC→ビーナスライン→蓼科→白樺湖→車山高原→霧ヶ峰→八島ヶ原高層湿原→三峰山→美ヶ原高原
  • 距離:約80km
  • 所要時間:約120分

▼標高2,000mに位置する美ヶ原高原。
美ヶ原高原の画像

ドライブは中央自動車道の諏訪ICからスタートします。国道20号から国道152号に入ると、さっそく信州ビーナスラインが始まります。

国道152号をしばらく走り、御座石神社(ござのいしじんじゃ)交差点で県道192号に入ります。152号をそのまま進むとメルヘン街道に入ってしまいますが、県道192号の標識の下にはビーナスラインの文字があるので道を間違える心配はありません。

蓼科高原(たてしなこうげん)に入るあたりから、美しい緑とつづら折りのカーブが続く本格的なドライブが始まります。

白樺や落葉松の林に囲まれた蓼科湖の湖畔では釣りやボートを楽しめ、その先には立ち寄り湯もできる蓼科温泉郷やサイクリング、ゴーカートなどのアクティビティを楽しめる「蓼科湖レジャーランド」があります。

さらに信州ビーナスラインを進み、八ヶ岳一帯の絶景を見渡せる女の神展望台(めのかみてんぼうだい)を過ぎると、次は白樺高原に入ります。

#nagano #japan #tateshina #蓼科 #長野県 #女の神展望台

nijiiro-cocoさん(@nijiiro.coco)がシェアした投稿 –


白樺湖畔は有名な観光地で、白樺リゾートを筆頭にあらゆる観光スポットが目白押しです。大人でも楽しめるレストランや老舗のそば屋、お洒落なカフェもあるので、ここで休憩がてらコーヒーを楽しみましょう。

美術館や博物館も多く、車を停めてゆっくり散策するのもおすすめです。信州ビーナスラインは白樺湖の手前で県道40号になりますが、ビーナスラインの看板が続くため道に迷うことはないはず。

さらに白樺湖を過ぎると、今度は車山高原(くるまやまこうげん)に入ります。

信州ビーナスラインを走り霧ヶ峰高原を過ぎると、有名な八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)が登場します。八島ヶ原湿原は、標高1,600mにある日本最南端の湿地で、その周囲をぐるりと巡る遊歩道も用意されています。ちなみに湿地の中には入れません。

霧ヶ峰から八島ヶ原にかけての信州ビーナスラインは、一面に草原が広がり視界を遮るものがなく、緑と空の中をひたすら道が続く大絶景を楽しめます。

さらに県道194号、県道460号へと変わる信州ビーナスラインを進み、急カーブが続く高原路を走ると、三峰茶屋のある大展望台が登場します。

ここから先は信州ビーナスラインでも一番急な勾配が続くので、気持ちを落ち着けるためにも、ここでソフトクリームやきのこ汁で小腹を満たして小休憩をとりましょう。ハンドルさばきは慎重に。

そして一気に標高を上げると、ついに美ヶ原高原に到着します。道中は見どころが満載ですが、諏訪ICから一気に美ヶ原高原を目指し、ここでゆっくり1日を満喫するのもおすすめです。

帰りは県道62号から国道152号を経由して、上信越道方面に向かうのも良いのですが、途中の道はすれ違いができないほど細い道が続くので注意が必要です。

同様に松本方面に向かう県道67号も山道を走り慣れていない人には厳しいかもしれません。運転に自信がない方は信州ビーナスラインをいちど戻り、国道142号経由で諏訪湖に戻るのがおすすめです。

節約ドライブの絶景スポット

1.信州ビーナスライン

信州ビーナスラインは茅野市から美ヶ原高原美術館まで続く全長76kmの観光道路の総称です。

蓼科有料道路と霧ヶ峰有料道路を結ぶ愛称で、1986年より順次無料開放が行なわれ、2002年には全線が無料開放されました。

途中には蓼科高原、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島ヶ原湿原、美ヶ原高原という観光スポットが続き、白樺林の中を通るワインディングから、高原地帯を進む開放感バツグンの道まで、このルート自体が観光スポットにもなっているほどです。

空気が澄んでいるため視界が良く、早朝から日の出にかけて走ると、非常に高い確率で雲海を見ることができます。車を運転しながら雲海を眺めらる贅沢はなかなか味わえません。

2.車山高原

信州ビーナスラインのちょうど中間あたりに位置する車山高原は、霧ヶ峰の主峰となる車山(標高1925m)を中心にしたなだらかな高原で、レンゲツツジやニッコウキスゲ、マツムシソウといった高山植物を見ることができます。

車山高原スキー場があり、山頂まで向かうリフトは夏季でも営業(往復1,600円)しているので、山頂まで登ることも可能です。

1年の平均気温が6.6度と夏でも涼しいことから、花が咲く春や紅葉の秋だけでなく、都心の暑さから逃れる夏の避暑地としてもおすすめです。

3.美ヶ原高原

信州ビーナスライン終点の美ヶ原高原は、一番高い王ヶ原の2,034mを筆頭にして、2000m以上の高原が広がっています。

日本で一番標高の高い道の駅、野外彫刻が楽しめる美ヶ原高原美術館、高原のシンボルになっている美しの塔、標高2,008mに作られた王ヶ鼻展望台など見どころは満載です。

3か所の無料駐車場があり、周辺にはホテルやレストラン、売店なども完備されています。また、このあたりも雲海を見られるスポットとして有名です。

▼美ヶ原に続くビーナスラインのワインディングロード。
ビーナスラインの画像

節約ドライブのテクニック

信州ビーナスラインを通るドライブコースは、ぜひ夏シーズンにおすすめしたい推奨ルートです。

標高が高いため湿気が少なく空気が澄み渡り、夏でも長袖で過ごせるほど涼しい高原を快適に走ることができます。

特に霧ヶ峰から美ヶ原にかけては標高が高く、雲海を見るとどんな観光施設にもかなわない大自然の絶景に、思わず「気持ちいいぃー!」と叫びたくなります。

さらに信州ビーナスラインは全線が無料化されており、中央高速からアクセスができる気軽さも、節約ドライブには欠かせないおすすめポイントといえるでしょう。

【シリーズ】節約絶景ドライブ

節約しながらドライブを楽しめるドライブルートをご紹介! 季節ごとの楽しみ方や、一年中楽しめるスポットなど盛りだくさんなので、是非参考にしてみてくださいね。
  1. 西伊豆の断崖絶壁から眺める富士山と沈む夕日|静岡県伊豆半島節約ドライブ
  2. 彩り豊かな花の道フラワーラインを堪能|千葉県房総半島節約ドライブ
  3. 富士パノラマラインで世界遺産と芝桜を楽しむ|山梨県・静岡県節約ドライブ
  4. ひたち海浜公園が青く染まるネモフィラの丘|茨城県日立シーサイドロード節約ドライブ
  5. 日本ロマンチック街道で白糸の滝や浅間山を鑑賞|長野県軽井沢節約ドライブ
  6. 箱根・芦ノ湖スカイラインの三国峠から眺める富士山|静岡県裾野市節約ドライブ
  7. 半島一帯からなる戦後初の国立公園を探索|三重県伊勢志摩節約ドライブ
  8. 日本唯一波打ち際を走る千里浜なぎさドライブウェイ|石川県能登半島節約ドライブ
  9. 奥入瀬渓流の森林トンネルと秘湯に癒やされる|青森県十和田市節約ドライブ
  10. 雲海広がる避暑地の美ヶ原高原|長野県信州ビーナスライン節約ドライブ
  11. 四万十川沿いを走り足摺岬から望む海|高知県南西部節約ドライブ
  12. 円月島の素晴らしい夕日、パンダにも会える|和歌山県南紀白浜節約ドライブ
  13. 地球岬やサイロ展望台からの湖と火山の絶景|北海道洞爺湖節約ドライブ
  14. 360度花が咲く花人街道からラベンダー畑へ|北海道富良野節約ドライブ
  15. 積丹ブルーの海と奇岩の連なる絶景|北海道積丹半島節約ドライブ
  16. 絶対に見たい!節約ドライブの旅で巡る日本の美しい絶景スポット9選
  17. 世界遺産琉球王朝の城跡と海中道路を巡る|沖縄県うるま市節約ドライブ
  18. 秩父神社から長瀞の岩畳でひと休み|埼玉県長瀞町・秩父市節約ドライブ
  19. 世界遺産・斎場御嶽を巡るパワースポットの旅|沖縄県南城市節約ドライブ
  20. 残波岬・真栄田岬・万座毛を巡る|沖縄県読谷村・恩納村節約ドライブ
  21. 世界遺産・白川郷に続くホワイトロードと壮大な滝|岐阜・石川県節約ドライブ

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。