小さく見えて大きな違い!「節約vsケチ」その差って何だ?

読了目安[ 2 分 ]

主婦からサラリーマン、学生まで誰もが日々の生活の中で意識したことがある“節約”。自分の重要な資産を減らさないため、また、これから資産を作るためには節約をすることが重要とされています。

しかし、このような節約がいきすぎてしまうと他人から見ると“ケチ”と映ってしまうかもしれません。自分では節約していると考えていても人からケチと捉えられては悲しいですよね。

今回はそんな“節約”と“ケチ”の違いについてお話しします。

貯金する目的を持っているか

お金を節約している人は貯金する目的があって、お金を貯めています。例えば「海外旅行に行きたい」「あの時計が欲しい」など様々な目的がありますが、共通しているのはお金を使うために貯めているということ。

使う目的もはっきりしていないのに、お金を使わないことに固辞している人は、周りから見るとケチと考えられているかもしれません。

他人のためにお金を使えるか

例えば、日頃から仲良くしている友人やお世話になっている先輩などへのプレゼント代を惜しむ人はケチだと言えるでしょう。先ほども言ったように、節約している人はお金を使うために貯めているので、お金を使うときにはきちんと使います。

プレゼント代が高ければいいということではありません。予算が安い中でも、その人が最大限喜ぶことを考えることも上手に節約する一つの方法です。お金でいい人間関係が築けるわけではありませんが、人を思いやるときにお金を払える人間になりましょう。

自己投資にお金を使えるか

最後は自己投資にお金をかけられるかどうかということです。自己投資にお金がかけられない人は、人生において最も大切な自分の幅を広げることができません。そのようなお金を出し渋ってしまうと小さなフィールドの中でお金をケチケチしている小さい人間になってしまいます。

そのような人になるのではなく、今はいくらか出費をするけれど将来の自分はそれに見合うだけの収入が得られる可能性があるのです。贅沢品を購入することはしなくても自己の将来のために必要なことは、しっかりお金をかけましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。