ネットショップは避ける主婦が「ふるさと納税だけはハマる」理由

1

読了目安[ 2 分 ]

ふるさと納税と聞くと、今や知らない人はいないほどお得な節税制度として認知されるようになりました。実質2,000円の負担でさまざまな地方の特産品を手に入れられると聞くと、それだけで「一度は試したい」と思うものです。

ハイクオリティな品々

このようなふるさと納税が人気なのは、価格面とクオリティが第一の理由にあるでしょう。

納税者には実質2,000円の負担となるわけですが、ふるさと納税でもらえるお礼の品が非常にクオリティの高いものだと考えることができます。「なぜこれほど良いものが、実質2,000円で手に入るのか?」と驚きがあるため、ふるさと納税を実践する人が多いのです。

地方側の思いと納税者側の思いがマッチ

地方からすれば、たくさん納税者を集めたいからという理由が一つにはあるわけですが、それ以上の理由として地方創生の制度であるため、本当に質の良いものしかプレゼントしない傾向にあります。もしかしたらプレゼントすることによって、その地方に来てくれるかもしれないわけですからね。

こうした地方側の思いと納税者との思いがマッチすることで、ふるさと納税が成立しているというわけなのです。ネット販売であれば中には粗悪品とも捉えられるものもあるかもしれませんが、ふるさと納税の品であれば品質がほぼ確実に保障されているのは大きなメリットと言えます。

たくさんのメリットを知ると、もはやふるさと納税をやらない理由がなくなってきたようにも感じます。ランキングで上位に入るような地域はなかなかプレゼントが受け取ることができないかもしれませんが、すぐにプレゼントを受けられるような地域でも十分に豪華で品質の高いものが望めます。

まだふるさと納税を試していないという人はぜひ一度ふるさと納税で豪華な特産品をもらい、そのメリットを感じてもらえたらと思います。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。