梅雨入り前に防水メンテナンス!お気に入りのアイテムを長持ちさせる方法

4

読了目安[ 3 分 ]

雨の日はお気に入りのアイテムや大切なものが濡れたり湿気でダメージを受けやすくなります。物持ちを良くするには、適度にメンテナンスをすることが大切。

梅雨に入る前に、身の回りのものの湿気対策をしっかりとしておきましょう。

水だけでなく湿気にも注意

「雨に濡れても撥水できるように」と考える方は多いと思いますが、忘れがちなのが目に見えない湿気です。湿気がたまることで素材が傷みやすくなったり、ホコリや菌と合わさるとカビが生える原因になってしまいます。防水処置をする際は、湿気対策も合わせて行うことがおすすめです。

梅雨の時期にも使うものはもちろん、保管しておくものもしっかりと防水&湿気対策をして、水分や湿気からのダメージを防ぎましょう。少しのメンテナンスで、修理代や買い替え代が節約できますよ。

毎日使うものは防水スプレーを

靴やバッグなどは特に梅雨の時期にダメージを受けやすいです。防水スプレーは100円ショップでも購入可能なので、お気に入りのアイテムには梅雨入り前に防水加工をしておきましょう。

スプレーをする前に、汚れをブラシや布なのでしっかりと落としておくことが防水効果をアップし長持ちさせるポイントです。お子さんの通園バッグなどもしっかり防水加工してあげると、汚れも落ちやすくなるのでおすすめですよ。

保管アイテムはしっかり湿気対策

冬服やブーツなど、タンスやシューズボックスの奥にしまってあるものには湿気対策をしておきましょう。

収納家具の奥まったところは、湿気が溜まりやすい場所です。下に新聞紙や段ボールを敷いて除湿効果を高めたり、お茶パックに重曹を入れて隙間において置いたり。ブーツなどにはお茶パックに入れたコーヒーの出がらしをいれておくと、消臭効果もプラスされて良いですよ。

3日に1回取り換えることで、清潔に除湿できます。また、湿気が少ない日があれば、扉や引き出しを開けて空気の入れ替えを行いましょう。

スマートフォンに防水シール

忘れがちなのが、スマートフォンの防水対策。

スマートフォンの画面には、防水シールを貼っておきましょう。要領は、画面の保護シールと同じです。スマートフォンは買い替えとなるととても高いものですし、大切なデータなども入っているでしょうから、1,000円程で購入可能な防水シールで、故障の原因を少しでも減らしておいて損はありません。

どんよりとする梅雨の時期。お気に入りのアイテムまで傷んでしまったら、さらに憂鬱になってしまいますよね。今のうちに対策を打っておいて、少しでもダメージが少なくなるようにしておきましょう。長く使いたいものだから、大切なものはしっかりメンテナンス! 準備万端で梅雨を乗り越えましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。