新しい自分が見つかる⁉️ 40代男性が休日バイトを始めるメリット

1

読了目安[ 3 分 ]

TVを見ると様々なアルバイト求人のCMが流れています。そんなCMを見て、若いときのアルバイト体験を思い出す方も多いのではないでしょうか。

実は、サラリーマンでも毎週末にバイトしている人、けっこういるのです。もちろん社内の副業規定に抵触しなければ、ですが、何もない休日より充実した1日がおくれること間違いなしです。

■平均給与は下落を続けている
国税庁の平成26年のデータによると、日本の男女あわせた年間平均給与は415万円だそうです。平成16年時点では439万円で、下落は続いています。(ちなみに男性のみの、平成26年の平均給与は514万円)。

平均以下の方も、そうでない方も、お金が増える分には困りません。平日の副業も良いですが何より手っ取り早く、またお金以外の満足感も鑑みると、収入の積み上げに休日のアルバイトを利用することをおすすめします。幸い今はインターネットで様々な条件を指定してアルバイトを探すことができます。

■どんなアルバイトを選ぶか
アルバイトをすると決めたら、どんなアルバイトをするかが問題です。給料重視で選ぶも良いですが、どうせやるならやりたいこと、普段の自分とはちがう新しい仕事にチャレンジしてみるのがおすすめです。

たとえば普段あまり人と接することのない仕事をしているならば、イベント系、販売系、フード系といったアルバイトはいかがでしょうか。

イベントスタッフとして接客やバイト仲間とコミュニケーションする、休日を利用してカフェやバーでスタッフになる、などといったイメージです。他にも、普段オフィスワークで体を動かしたい人は、思い切って現場系、配送系の力仕事にチャレンジしましょう。高収入なうえに思う存分体を動かせますよ。

また、それとは逆に頭を使いたい人にはIT専門職やクリエイティブ系のアルバイト、また塾や家庭教師のような講師系のアルバイトもあります。これだけあればなにかしら新しい自分が見つかるのではないでしょうか。

アルバイトはもはや学生とフリーターだけのものではありません。様々なニーズがマッチし多様なバイト社会を形成しています。会社によっては副業禁止の規定がありますので、そこだけ注意して新たなセカンドライフをエンジョイしましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。