デート夜景の天敵といえば…-1-【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜第十七回】

4

読了目安[ 3 分 ]

本日は避け続けていたけど、避けて通れない話題を書いてみます。けっして安くないデート代をパーにしないようなご提案です。

夜景には相性が悪いと思われる季節がきっともうすぐやってきます。それは梅雨。せっかく頑張って作った夜景巡りプラン実行の当日。どしゃぶりの雨が降っていた場合、あなたならどうするでしょうか。

「雨が降ってるおかげで地面が水溜まりになって反射して逆に綺麗だよね。」そんな夜景の苦しいウンチクを語りながら、デートコースを変えずに強行し、ビショビショになってまで夜景を見たい人。そこまでいるのでしょうか。

また、ある人も計画を強行し、土砂降りの日に綺麗な夜景を見下ろせる山の頂上へケーブルカーで行き、案の定の結果になっていても一緒に来てくれた人が
「うわー!水墨画みたいに滲んでて逆に綺麗。嘘じゃないよ!」
絶対嘘だけど優しい声でフォローをしてくれる人、果たして何人いるのでしょうか。

そしてそんな優しい人の隣であなたはゴアテックスを着込み、ビニール傘越しの灰色の夜景を見ていて果たしていいのでしょうか。

私は夜景鑑賞士ですが、雨が降ったら素直にこう思います。
「雨って夜景見えなくなるから嫌い。」
夜景を愛する人ほぼそう思っているはずです。

もちろん雨の日に夜景を見るための対策、無くはありません。

けっして高い所から遠い夜景を見てはいけない。
間に距離があるほど雨の影響を受け、夜景の輝きは消えます。特に山から見下ろす夜景や川を挟んだ奥に見える夜景は避けた方が良いです。高い確率で大ケガをします。

距離の近い夜景スポットに行く。
さきほどの逆で光が強いので雨の影響は少ないです。遊園地等が代表的です。このようなところは近くに雨宿りのスポットがあることも多いです。

しかしそれはその場しのぎにしかならないという私の見解です。
そこで有力な手として1つ。それは

「素直に夜景以外の予備のプランを用意しておく。」
ことではないでしょうか。

私も何度も何度も失敗し、向き合ってきた問題です。

ということで次回は禁断のテーマ。
「夜景は見えないけど、雰囲気がいいBAR」
をご紹介していきます。

夜景鑑賞士という根本からテーマが変わっているというツッコミは無しでご期待ください。

「夜景」の定義・・・
夜の時間帯に見えている景色、それは全て広い意味で夜景である。

(定義者:佐藤大地)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。