月収20万円も夢じゃない⁉ 「生計を立てられるライター」になる方法

1

読了目安[ 3 分 ]

「会社を辞めて在宅で仕事ができたらどれほどいいだろうか」

そのように考えるサラリーマンは少なくないでしょう。毎日満員電車でストレスを抱えながら通勤し、会社では上司や取引先にぺこぺこする毎日。自分の人生を有意義に過ごしたいだけなのに、なぜこれほどまでに様々な圧力を受けなければならないのか。

このような生活を送っていると、何がしたいのかわからないと悩む人がいても不思議ではありません。

クラウドソーシングで高額収入を得られるのは少数⁉

そこで副業で在宅ワークをしようと考え、いざクラウドソーシングのサイトを見ても驚くほど報酬が安い案件しか見つかりません。

それを裏付けるようにクラウドワークスが発表した資料では月の収入が20万円以上の人は111人しかいないというデータがあるのです。さらに専門的知識をあまり問われないライターであれば、それほどの収入を得られる人の数はさらに少なくなるでしょう。

もちろん全ての人がクラウドソーシングのみで生活しているわけではありませんし、むしろ副業メインで使っている人の方が多いかもしれません。しかし、専門的知識を持たない人がクラウドソーシングのみで生活するのは非常に難しいと言えるでしょう。

コンテンツライターに注目

その中でも専門知識を必要としないライターで、月収20万円をこえる方法があるとすれば知りたいと思うでしょうか。

もったいぶらずに言うと、コンテンツライターになるという方法があります。コンテンツライターとは物を売るための文章を書く人のことを指します。

商品がどのようなものであっても、その商品の魅力を存分に伝えることができる。そのようなライターがこれからの時代、需要が確実に高まってくると言えるでしょう。

「コンテンツライターにはどうすればなれるか?」と疑問に思う人もいるでしょう。その答えとしてはコピーライティングを学ぶということです。

コピーライティングのことについて話し始めると、新しく1記事分書かなければならないので説明は省きますが、興味のある人はインターネットで検索してみてはいかがでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。