主婦も今日から実践!「買わない・通わない」ダイエットのコツ

読了目安[ 2 分 ]

そろそろ、夏に向けた体作りをはじめませんか? 夏は子どもと思いっきり遊びたいし、出費を限りなく抑えたダイエットで、お金を貯めつつ魅せる体を作りましょう。

“通わない・買わない”が基本

出費を抑えながらスリムになることを目標にするならば、ジムに通わず、ダイエット器具も買わず挑戦したいところです。

ジムに通うなら月1万円程かかりますし、ダイエット器具やグッズも1個購入するのに5,000円~10,000円程しますよね。それだけのお金があれば、家族で何度もプールに行けちゃいます! 抑えるところはセーブしていきましょう。

お家で出来る!ダイエット

お家で、しかも出来るだけお金のかからないダイエット方法・アイテムをご紹介します。毎日のルーティンワークにすることで、効率と効果もアップしますよ。

(1)掃除でエクササイズ
普段の掃除は結構体を動かすもの。積極的に掃除をすることで、体を動かしつつお家もきれいになり、家族も大喜びという一石三鳥のエクササイズです。

お風呂掃除、トイレ掃除で二の腕を引き締めて、床掃除で足腰、窓ふきは上下運動を意識して、全身を使って行いましょう。掃除機をかける動作だって、腕や足腰を前後に動かすので、立派なダイエットエクササイズになるんですよ。

(2)子どもと遊んでダイエット
お分かりだとは思いますが、子どもと遊ぶことはとっても体力を使います。ダイエットを意識するならば、“たかいたか~い!”で体全体の筋肉を意識しましょう。立派な筋トレです。

他にも、子どもを前に抱いたままの腹筋や、四つん這いになって子どもを背中にのせて歩く“お馬さんごっこ”など、有酸素運動にもなるのでおすすめです。

(3)黙々と頑張るなら踏み台昇降&ダンベル運動
ながら運動ではなく集中して黙々と取り組みたいなら、踏み台昇降とペットボトルダンベルがおすすめです。

お家に階段やちょっとした段差があれば、それを利用して1日100回の階段昇降を日課にしましょう。行う際に、背筋を伸ばして背筋と腹筋を意識。さらに、腕を大きく振ることで上半身の運動にもつながります。

ペットボトルダンベルは、500mlのペットボトルに水や砂を入れてダンベルとして使う方法。腕上げ・腕ふり運動、両足で挟んで足上げ運動と筋トレにもってこいですね。

日常を改めて見てみると、ダイエットにつながるシーンやアイテムであふれていることがよくわかります。一番大切なのは、「意識をすること」。引き締めたい部分を意識してエクササイズを行うことで、効果も上がるでしょう。すべてお家でできるダイエット方法なので、すぐにはじめられますね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。