コスパ最強!「ファストファッションを安く見せない」3つのコツ

読了目安[ 3 分 ]

人が生活するためには欠かせないのが衣服ですが、おしゃれにばかりお金をかけられないというのが本音ではないでしょうか。

しかし、低価格の服ばかりを買うとなるとなかなかおしゃれに着こなすのは難しいもの。しっかりとポイントを押さえておかないと、周りに「安っぽい服を着ているなあ」と思われても仕方ありません。今回は安い服でも安く見えないコツについてお話しします。

■着こなしをシンプルにする
高額な服とそうでない服との違いは、やはり生地やカタチ、デザインの差。もちろん安い服が全て悪いというわけではありませんが、プリントTシャツや柄入りのシャツなどはどうしても見た目に影響を与えてしまいます。

できるだけ無地に近いもので、シンプルなデザインのものであれば正直高いものでも安いものでもぱっと見でわかる人は少ないでしょう。服装はできるだけシンプルに考えてみてください。

■靴を気にしよう
ジャケットやコートをばっちり着こなしているおしゃれな人でも靴が汚ければ、どれだけ他の服がブランド品であってもおしゃれに見ることはできないでしょう。

高ければいいというわけではありませんが、最低限の清潔感をキープし、出かける前はキレイな状態か確認してから履くようにしましょう。

■自分の体型にあったものを選ぶ
最後にお話する内容が最も重要と言えるかもしれません。どんな服でも自分に合っていないものはおしゃれに見せることは難しいです。身長が低いのにだぼっとした服を着るとより小さく見せてしまいますし、太っているのにぴっちりした服を着るとボディラインが強調されてしまいます。

また、猫背の姿勢ですとかっちりした服もいまいちぴんと来ないですし、自分の体格や姿勢を意識しながら服を選ぶことが非常に重要なのです。

これらの3つのことを意識してみれば、たとえ低価格の服を着ていてもおしゃれな着こなしが実践できるでしょうし、コストパフォーマンスがぐんと上がるはずですよ。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。