同僚にはいくら?事前に知っておきたい「結婚式のご祝儀」相場一覧

3

読了目安[ 3 分 ]

来月は6月、ジューンブライドの月ですね。結婚式、披露宴は列席者にも晴れがましいものです。しかし、ここで悩ましいのがご祝儀です。今回は、結婚式のご祝儀に関する相場について解説します。

■4、9、割り切れる数はNG
基本的なマナーとして、4(死)と9(苦)は負のイメージをもたらすため、避けなければいけない数字です。偶数も割り切れる数なので、避けたほうがよい数です。理由としては、数が2つに「分かれる」ため、離婚を想起させるから。

ただし、2万円と10万円は例外的に大丈夫です。2は「夫婦・ペア」、10はきりがいいことから「円満」を連想させるためです。ですから、ご祝儀は少ない額から順に1万円、2万円、3万円、5万円、10万円の順序で決めましょう。そして、新札を使うこともお忘れなく。

■友人・同僚の相場は3万円
お友達や会社の同僚なら3万円が相場ですが、呼ばれた者同士で相談をしてもよいでしょう。相手の結婚式より以前に、自分の結婚式のご祝儀を受取ったことがあれば、バランスをとることはとても大切です。自分がいただいたご祝儀の金額は、アドレス帳などに記録しておくとよいですね。

■兄弟姉妹や親戚の相場は5~10万円
兄弟・姉妹なら、5~10万円が相場と言われていますが、近しい関係なら本人や親に相談してもよいかもしれません。高額であれば結婚式当日ではなく、あらかじめ渡しておくと、紛失等の心配がなく安心です。

また、兄弟・姉妹以外の親戚の場合、例えば、おじ・おば・いとこ・いとこの子、などであれば、相場としては3万円程度ですが、ここは親に相談するのが安全策です。これまでの親戚づきあいのご祝儀などのやりとりがあるはずなので、それを参考にさせてもらいましょう。

■一番悩ましいのは配偶者の親戚
ただ、配偶者の兄弟・姉妹以外の親戚の場合は注意が必要です。親戚づきあいの深さが人によって異なるため、相場通りでいいのか決めかねることもあるでしょう。

ご祝儀の金額を相談できる相手がいるのであればよいのですが、配偶者が無頓着だったり、義理の両親とお金の話をしにくかったりすると、とても悩んでしまいますね。

相場は3万円とは言え、地域性や、親戚内でのローカルルールがある場合も少なくないので、安易に決めないほうが良いでしょう。なんとか、義理の両親や兄弟・姉妹から情報をいただけるよう、これを機に配偶者にもお金に対する意識を変えてもらえるといいですね。

ご祝儀は、少なくてもいけませんが、多すぎても相手に余計な心配をさせるため失礼なものです。一番大切なのは、二人の門出を祝う気持ちです。金額の悩みを解決したら、心からのお祝いの気持ちを胸に、出席したいですね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。