先輩ママの失敗談から学ぶ!損をしないお金の使い方【お受験編】

1

読了目安[ 3 分 ]

小学校受験をする多くの子どもたちは幼児教室に通います。大手幼児教室では5万円~10万円ほどの月謝に加え、幼稚園年長の夏頃からは模試、夏季講習、学校別講座、面接講座など更にお金がかかってきます。

また「お受験」モードに突入すると、幼児教室の先生の影響力は大きく、先生の発言に一喜一憂し、勧められる授業はすべて受講し幼児教室だけでも年間200万円の出費を越える家庭も少なくありません。

第1子であれば、幼児教室選びをはじめ、志望校に合格するために必要な勉強方法など右も左もわからない状況からスタートし、言われるがままいろいろな講座を受けたという家庭は少なくありません。

不安になり幼児教室をかけもちしてお金と時間をたっぷりかけたけれど、いざお受験が終わって冷静になってみれば、「あそこまで色々やる必要はあったのか?」と思う事があるようです。今回は、お受験で損をしないお金の使い方をお話します。

■全部の考査対策に参加すると高額になる
お受験の考査には、ペーパー、運動、口頭試験、行動観察、お話の記憶、巧緻性(こうちせい)、絵画工作などがあり、学校によって出題傾向や考査内容は異なります。

例えば「ひまわりが咲く季節」の問いに、海水浴をしている絵と線で結ぶという季節の問題が出題されます。巧緻性ではリボン結びや紐を穴に通す、ハサミの使い方などが試験内容となり、考査内容は多岐に渡ります。

日本の文化、行事、生活習慣など幅広く体験して学び身につけることは基本です。また行動観察では、集団でルールを守りながら周りの友達と上手く関わり行動ができるか、という点をどの学校でも重視しています。これら全ての考査について対策するとなれば月謝はかなりの費用となります。

■志望校を絞ってから幼児教室選びを
お受験の第一段階では、志望校を絞ることからはじめます。学校の教育方針と家庭の教育方針が合ういくつかの志望校に絞り、学校別の考査内容を把握するなどの情報収集をします。

その学校別の傾向に沿った考査内容に焦点を定めて対策を練ります。大きな書店にはお受験コーナーがあり、学校別の過去の問題集、巧緻性教材など受験対策に必要な教材が取り揃っています。自宅学習で教材に取り組み、模擬試験などだけを受けるという家庭もあります。

幼児教室から勧められるがままあらゆる講座を受けるのではなく、志望校に必要な考査内容を各家庭で把握し、それに必要な幼児教室、クラス選びをしていくことで損をしないお金の使い方ができるでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。