稼げないなら辞めるが正解?在宅ワークで稼ぐための方法

6

読了目安[ 3 分 ]

「クラウドソーシングって稼げないんですか?」以前ある方からこのような質問をいただきました。ネットでの副業はさまざまなものが増えてきていますが、どのくらい稼げるものなのでしょうか?

■クラウドソーシングで稼ぐのは難しい!?
2月に発表された、クラウドソーシングの大手『クラウドワークス』の2016年9月期 第1四半期 決算説明資料によると、登録者約80万人のうち月に20万円以上稼いでいる人は111人でした。月収20万円を多いと考えるか少ないと思うかは人によるでしょうし、副業とみなすかどうかによっても、その捉え方はさまざまでしょう。

しかしクラウドソーシングは一般的に報酬額が低いと言えるかもしれません。その背景には、報酬を低く抑える発注企業が多数あることが関連しているでしょう。企業側からすると、同じ仕事でも高い報酬額よりも低い金額で仕事をしてくれる人材に依頼するというのは、理解できないことではありません。

初心者でも最も手っ取り早く稼げる仕事の1つに記事のライターという仕事があります。webサイトの記事などを書く仕事なのですが、クラウドソーシングで見かける報酬は、文字単価が約0.5円。

この文字単価では、1日3時間、月に30日働いても5万円未満。さらにクラウドワークスのサイトを使った場合は手数料が引かれます。

このような現状では「副業にならない!」と嘆く声が多くありそうですが、「全く稼ぐ方法がないのか?」と聞かれるとそのようなわけではありません。

■クラウドソーシングで稼ぐためには?
きちんと副業をするのであれば文字単価1円、2円の仕事を手に入れることもできるのです。その方法とは、取引先を変えるということです。数ある企業の中には、文字単価が0.5円以上の案件も数多く出している所もあるでしょう。

実績を積み上げるために多少安い単価でも記事を書くのは確かに1つの選択肢と言えるかもしれません。しかし少しでも報酬が増えることはモチベーションの維持にもつながります。副業において最も避けたいのは、稼げないからといって副業を辞めてしまうことです。

これから末永く副業で稼ぎ続けたい!と考えるのであれば、小さな報酬を積み上げるよりも、単価のよい案件で報酬を得られるように頑張ることが得策と言えます。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。