猫カフェを開くには資金がいくらかかる?開業実践記

読了目安[ 5 分 ]

昨年思い立って、ほぼ1年後に自宅で保護猫カフェ開業ってすごくないですか?

今回は、鎌倉のご自宅を改装し、5月20日に保護猫カフェをオープンされた『鎌倉ねこの間』の永田さんを取材し、「ペットのお金」のコーナーにふさわしく、お金周りの気になるあれこれをうかがってまいりました!

きっかけは2015年5月13日のテレビ

オーナーの永田さんは、その日の朝、テレビのネコ特集をたまたま見ていて「昼間は家族が誰もいない! だったらわが家の居間を保護猫カフェしよう!」とひらいめいたそうです(もともと3匹のニャンコと同居)。

それから早速「愛玩動物飼養管理士」の勉強を開始。

これは7月より通信学習、10月にスクーリングを受講し、2月に試験という流れで、費用は登録まで含めて2万5000円。

合否発表は試験から約1カ月かかり、これに受かると第一種動物取扱業の登録ができるわけですが、これにまた手数料が1万6000円程度かかります(神奈川県の例)。

また、他の猫カフェへ足を運び、世の中の猫カフェの研究もします。

提供する飲食物、猫の数、お店の様子、料金体系など、お店ごとにさまざまな中から、今回オープンする保護猫カフェのスタイルを固めていくわけですが、これだって結構コストかかってそうですよね。

鎌倉から吉祥寺やその他いろいろな地域へ行くと移動コストもかかりますし、1か所につき5000円くらいでしょうか。5か所なら2万5000円、15か所なら7万5000円! 仕事だと思えばこれくらいは並ですかね?

ちなみに、永田さんは猫カフェ発祥の地といわれる台湾のお店にも行かれたそうです。

リフォーム、カフェ用&猫用設備導入コスト

先に大枠で初期予算をお伝えしますと、450万円です。

これはリフォーム(設計・施工)250万円と保護猫カフェ用の道具を揃える費用200万円(開店初期の運営費用含む)の合計金額です。

ラッキーなことに、以前から積み立てていた投資信託に含み益があり、既存の預貯金をあまり取り崩さずに済んだことで大分助かったそうです。

それでもリフォーム代250万円はローンです(しかもローンには保証料等で別途10万円ほど必要)。

もともとご自宅は古民家の古材を使って建築されたおしゃれな内装。

キッチン周りを神奈川県のカフェ仕様に作りなおすなど、それなりに費用はかかるのですが、内装全体に手を入れなくても使える「箱」だったことはコストを抑えつつ、感じ良いお店を作る助けになっているように思えました。

▼買い物リスト(抜粋)

費用 概要
家具・事務用品 33万円 猫ケージ、ソファ、椅子、レジスター、ロッカー、下駄箱ほか
キッチン用品 57万円 製氷機、エアコン、コーヒーメーカー、カップ・ソーサー類ほか
広告宣伝 13万円 チラシ、名刺・カード、イラスト、看板
食材費 10万円 ヴェーダ・ヴィのハーブティー、ティーレンテの紅茶、お菓子ほか
資格・登録など 6万円 愛玩動物飼育管理士、第一種動物取扱業登録ほか
猫カフェ研究 8万円 各地の猫カフェ
その他 30万円 行政書士、エントランス
合計金額 157万円

いよいよ開店まで数ヶ月!

5月の開店までわずかとなった4月にリフォーム工事が本格始動。

キッチン周りは、排水管やレンジフードなど現在の設備を修理するコストや、業務用製氷機(ニーズに合わせて選んだら小型でも13万円!!)など、数万円単位でポンポンお金が飛んで行くし、カップやソーサー、メニューリストや注文を受ける際の小物類など、用意すべき項目も多岐にわたります。

節約できるところは100均を活用したりメリハリをつけているとのこと。

予算を抑える秘訣は人脈とネット活用だそうです。

上手に100均を活用する知恵などはスタッフを申し出てくれたママ友達、子供の習い事関係、猫の譲渡に関する法的な整備はペットトラブルに詳しい行政書士、看板の制作や設置、パンフレット、チラシの制作などさまざまな点で地縁人縁を活かし、お互いに仕事になり関係を深めるきっかけにもつながるようです。

一番重要な猫の手配

殺処分される猫がまだいる状況を何とかしたいという思いと、一方で病気の保護猫が入って保護猫たちに集団感染するリスクを回避しなくては、という思いから、現在は動物病院に保護され、病気や虫などの問題がない子を預かっているそうです。

動物病院からの連絡を受けお預かりする点と、個人の自宅という点もあって、いわゆる「猫カフェ」的な「猫ワラワラ」という環境ではなく、10匹程度の猫がゆっくり過ごしている空間を共有する保護猫カフェとなっています(現在の猫の状況はサイトをご確認ください)。

おすすめポイント

個人的に訪問してみての感想とおすすめポイントです。

鎌倉らしくしっとり落ち着いた室内で、おだやかにくつろげます。

ネコは少ないのかもしれませんが、あちこちで転がって(失礼)いる姿は可愛らしく、人懐こい子猫は勝手に膝に乗ってきてメロメロでした。

ハーブティや紅茶が実はおすすめです!高級品のためこの金額ではアリエナイとのことです。

実際頂いてみてとても気持ちよく飲め、楽しめました。

デザートに出されるシフォンケーキには永田さん特製のネコ型クッキーが添えてあったり、お抹茶についてくるどら焼きには肉球スタンプが押してあったり♪ ちょっとしたポイントも猫だったりして、ほんわか楽しめますよ。

ハーブティの画像ハーブティの画像

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。