お金はないけど飲みたい…!今見直したい「宅飲み」の節約術

2

読了目安[ 3 分 ]

連休明けに同僚から飲みに誘われた。行きたい気持ちはやまやまだが、節約&金欠を理由に断わるしかないなんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、金欠でも飲める節約方法はあるのでしょうか。

■飲み代を節約するには
飲みに行くのは楽しいものです。しかし美味しいお酒や料理にかかるコストは安いものではなく、家計を圧迫していくものです。そんな飲み会ですが、少しでも節約するにはどうしたらよいでしょうか。

たとえばクーポンやハッピーアワーといった制度を利用すれば多少は節約になるでしょう。「せんべろ」といった語句が出現した昨今、千円で酔えるような安くておいしい飲み屋で一杯、というのも悪くはありません。

しかし、それらはすべて時間や場所など何かしらの制約が多いものです。ではどうするか、自宅でお酒を楽しむ”宅飲み”ならばすべてクリアになるのです。

■宅飲みの良いところ

外食離れや節約の観点からも近年静かなブームとなっている宅飲みや家飲み。飲み屋も商売なのでどうしても様々なコストがのしかかってきます。そんな中、家で飲めば同じお酒が、激安で飲めるのです。高級な洋酒も手が届きます。

おつまみだってコンビニでもスーパーでも今は非常にクオリティの高い商品がそろっています。宅飲みニーズにこたえた缶詰のシリーズがあったり、おつまみ用のメニューも豊富で前菜からデザートのスイーツまで揃えられてしまいます。

私はよく宅飲みの際、ビーフジャーキーやスモークタン、スモークチーズなどを購入します。実は炭水化物も少なく、太りづらいという側面もあるのです。ちなみにビールを購入する際も、糖質オフのものを購入しています。

お酒が好きな人は、毎日のように飲むもの。宅飲みをはさむことで、節約しつつ、健康管理もできるわけです。

とてもコストパフォーマンスが高い宅飲み。学生に戻った気持ちでテレビでも見ながらトークするもよし、高級デパートで買ったワインや惣菜を持ち込んでプチセレブ感を満喫するもよし、男子ごはんよろしく料理の腕を振るうもよし、意外と盛り上がるものですよ。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。