在宅ライターで月に3万円稼ぐ!初心者でもできるブランディングの力とは

1

読了目安[ 2 分 ]

最近副業をする人が多くなっています。株主優待で注目を集めた株式投資やせどり、アフィリエイトといったネットビジネス。そして企業からマッチングサイトを利用して間接的に仕事をするクラウドソーシングなど、様々な方法で収入を得ています。

これらの人は特別な一部の人というわけでなく、大企業に属しているような安定した収入を見込める人から子育てをしている収入がない主婦まで様々な人がいます。

もちろん全ての人がやっているわけではありませんが、副業で稼ぐ重要性はますます大きくなっていると言えるでしょう。

■クラウドソーシングのwebライターは初心者が始めやすい
しかし、投資やネットビジネスは最初に投資金額が発生するものも多く、初心者にはハードルが高いかもしれません。クラウドソーシングであれば、投資金額が0であるため初心者でもハードルが低いと言えるでしょう。

webデザインやアプリ開発のような案件は初心者には難しいため、ライターが最も稼げるのではないでしょうか。ライターは主にweb記事の執筆をしますが、報酬の形態は主に文字単価◯円、または1記事◯円というように設定されていることが多いです。

副業として稼ぐためには最低文字単価1円は欲しいところですが、クラウドソーシングでそのような案件はなかなか見つからないでしょう。また、見つかったとしても募集人数が多くすぐに枠が埋まるかもしれません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。