~助成金の活用~うつ病から社員を復帰させる時

1

読了目安[ 3 分 ]

5月も後半となり、社会人の皆様は新年度で張り詰めていた気持ちがふっと緩んできた頃でしょうか。

この時期は5月病が増える時期でもありますね。5月病とは、新しい環境に適応できないことに起因して心身に不調をきたす症状のことをいいます。

眠れない、気分が落ち込む、食欲がないなど様々な症状がありますが、そのような症状が一ヶ月以上続く場合はさらにうつ病を疑います。うつ病は今では珍しい病気ではありませんので、皆様の職場にもうつ病で休職している方がいらっしゃるかもしれません。

さて、今回の記事ではそんなうつ病で休職している社員を職場に復帰させる際に、ある一定の支援を行なった会社に支給される「障害者職場復帰支援助成金」についてご紹介したいと思います。

こちらは厚生労働省が管轄している助成金で、個人に支給されるのではなく、会社に支払われるものになります。ですので、事業主に知っていただきたい助成金になるのですが、休職者が復職しやすい環境を整えることが条件となっていますので、最終的には休職者個人にとっても恩恵があるといえます。

では具体的な中身を見ていきましょう。まずは支給額ですが、中小企業が総額70万円(第1期35万円・第2期35万円)、大企業が総額50万円(第1期25万円・第2期25万円)になります。(支給対象期間は1年で、半年ごとに1期・2期と分けて申請します。雇用の継続にもつながりますね)

次に要件ですが、うつ病や障害などで3か月以上休職していた社員を職場に復帰させるにあたり、(1)「能力開発・訓練」(2)「時間的配慮」(3)「職務開発等」のいずれかの措置を取ります。さらにうつ病の場合は、(1)~(3)のいずれかに加え(4)「リワーク支援」が必須となっています。

この「リワーク支援」とは、就労に関する作業支援や集団指導・個別カウンセリングなどを含む1か月以上にわたる計画的支援のことです。長期の休職から職場に復帰する際には様々な不安があり、最初を失敗するとせっかく良くなった症状がまた再発してしまう・・といったことにもつながりかねません。大企業だとその辺りのプログラムが組まれていたりしますが、人員の少ない中小企業ではなかなか計画的な支援は難しいもの。
そこでこの助成金を活用し、中小企業でもうつ病から復帰しやすい環境を作っていけたら素晴らしいですね。

なお、この他にも細かい条件がありますので、詳細は厚労省のHPをチェックしてみて下さい。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。