今月もピーンチ!100円でも抑えたい「日用品を節約するテク」

1

読了目安[ 3 分 ]

毎日節約しているのに、休みの間にどーんとお金を使ってしまって後悔する連休明け…。

よくあることなのですが、「もう本当に大ピンチ!」というあなた、とにかく月末の給料日まで、残りのお金で耐えるしかありませんね。でも日用品は必要だし、どうすれば…。大丈夫、日々の生活には欠かせない日用品を節約する方法があるんです。

■そもそも、本当に“必要な”日用品なの?
普段、日用品を買うにあたって「必要なものだから」と何も考えずに購入している方は多いかもしれません。しかしその中には、本当は必要ではないものが紛れ込んでいるかもしれません。

特に、洗剤。お風呂場用、トイレ用、台所用、お部屋用…と、種類がとても多くていろいろ買わなければいけないので、すべて合わせると意外とお金が掛かりますよね。

でも、これらの洗剤、それぞれ買う必要はないんです。なんと「重曹」と「クエン酸」の2つだけでOK。両方買っても500~600円で、食器、シンク、お風呂、洗面、トイレなどあらゆるところをお掃除できます。あえて別々の洗剤を買わなくて済むため、とても経済的です。

■どうしても必要なものはPBまたは100円ショップを利用
本当に必要な日用品は、PB(=プライベートブランド)または100円ショップを利用しましょう。「あのメーカーのものじゃないと嫌なの!」とこだわる方もいるかもしれませんが、ここは節約のため。

最近のスーパーのPBは安くて質もいいものが揃っているので、「あれ?これで十分かも」と新たに気が付くことができるかもしれませんよ。トイレットペーパーなどの紙類や、アルミホイルなどの調理グッズは、大手メーカーよりも2割程安いこともあり、PBは要チェックです。

■そもそも、買いに行かない
ドラッグストアや大きいスーパーって、見ているだけで楽しいですよね。「あんなものも!こんなものも!試してみようかな…」これが無駄遣いのはじまりなのです。

筆者も切れかけているトイレットペーパーを買いに行ったつもりが、なにやら目新しいお掃除グッズまで一緒に買ってしまったということはたくさんあります。

そういった無駄遣いをなくすためにも、「買い物に行かない!」という強い意思を持つこともひとつの選択肢です。日用品をまとめ買いしたい時は、在庫確認をして本当に必要なものだけネット注文。これが一番無駄遣いをせずに済みます。

もちろん、PBや100円ショップの方が安い場合もあるので、その場合は目的のものだけ手に取ってさっさと帰りましょう!お子さんを連れて行くのも避けたいですね。「あれ欲しいよ~!」なんて言われたら困っちゃいますから。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。