FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編【上村和弘のFX基本講座】

1

読了目安[ 5 分 ]

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

今回は、前回の「FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!」に続いて、スマートフォンでチャートを表示させてみましょう。前回同様、DMMFXで行いますが、後半、簡単テクニックもお伝えします。

スマホ(今回はアンドロイド版)のPlayストアからDMMFXのスマフォアプリをダウンロードする手順をご紹介します。※iPhone版もございます。

■スマフォでチャートを表示する:1
PLAYストアで、DMMFXと検索すると、DMMFXのアプリが出てきますのでインストールしましょう。タレントのローラさんとFXトレードの画面が出てくるのですぐに分かります。

DMMFXアンドロイドアプリインストール画像

インストールを完了して、DMMFXアプリを開くと為替レート画面が表示されます。

DMMFXアンドロイドアプリ為替レート画面

早速、チャートを開いて為替相場の動きを確認して、今後の予想をしてみましょう。
画面の一番下にあるチャートをクリックしてください。

すると、米ドル/円のチャートが開きました。何も設定変更していなければ、基本チャートは1分足・ローソク足の表記です(下図チャート1)。※ローソク足とは、日本独自のチャートで、4本の値段(始値・高値・安値・終値)を表現したもの。一定期間の節目が把握できるチャートです。

1分足は一本の棒(足)が1分間の値動きを示しており、1分ごとにチャートの足が一つ増えていくので、短い時間の値動きを見るために利用されます。スマートフォンでも高機能なDMMFX、分かり易いですね。。。

■平均足を使った簡単テクニック
さて、ここから簡単テクニックをご紹介!チャート画面の一番下にある【設定】をクリックして、平均足に変えてみましょう。平均足は初心者の方が、ビジュアル的に方向性を確認出来るチャートタイプです。これなら投資経験の無い方でも流れが分かります(下図チャート2)。

■チャート1:ローソク足
DMMFXアンドロイドアプリチャート画面

■チャート2:平均足
DMMFXアンドロイドアプリチャート画面2

チャート1のローソク足とは少し雰囲気が変わりましたね。この平均足は、FX初心者が相場予想を楽しんでもらうのに一番有効だと思います。FXや投資の細かな事を知らなくても大丈夫、視覚的に分かり易いのでFXを行う際には活用をおススメします。成功確率が大幅に増す事でしょう。

チャート1(ローソク足)では、上昇の赤線(陽線)と下落の青線(陰線)が混在していますので、今一つ流れが確認出来ないですね…。一方、チャート2(平均足)では、かなりスッキリしていますので、大まかな方向性等が掴めるようになります。取引の際には、平均足を見て上昇傾向の確認をした後に取引(買ってみる)、といった使い方になります。

平均足を見ていれば、9:59や10:12頃には変化のタイミングという事で、買えた可能性が高いですね。10~20分位の短時間で、1口44,000円程の資金に対して2,000円~2,500円程の利益が出た事になります。

私はFXに際しては様々な分析を行っていますが、この平均足の重要性を認識し、必ずチェックします。上昇傾向や下落傾向、横ばい、また変化の確認などの判断に役立てます。平均足の見方やルール等は次回に譲る事にしますが、重要な武器として活用しています。

皆さん、見比べてイメージが湧きましたか?おそらく予想が出来るようになった事でしょう!平均足はFXだけではなく、株式でも225先物等でも活用出来ますので、覚えておくと大変便利です。

次回、平均足について触れて行きます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。