75.5%のシニアが退職金に不満!「本当に必要な老後資金」はいくら?

6

読了目安[ 3 分 ]

老後資金を考える際にまず必要となるのが、“老後の生活にかかる総額”を算出すること。その額を元に、今からどのくらいの金額を準備していけばよいか逆算するのが、老後資金を考える上でのセオリーでしょう。

しかし、そんな老後資金として私たちが考える金額が、現在実際に老後生活を送っているシニアが必要と考える金額と、約400万円もの開きが生じていることが、最新の調査で明らかとなったのです。

 ■20〜50代が思う老後資金は約2900万、でも実際は…? 
三井住友アセットマネジメント株式会社が、全国の20代から60代の計1,200名を対象に行った意識調査によると、「60代で退職する場合、公的年金と退職金以外に自分で用意するべき金額は?」との質問に対して、集まった回答の平均額は2,901万円でした。

その一方、実際にすでに退職をしている60代に同様の質問を聞き、集まった回答をもとに出た平均額は3,277万円でした。つまり、まだ退職していない世代と、実際に老後を迎えた世代が考える“老後資金”には、376万円もの差が出ているのです。

■経験者が指摘する“老後のために準備するべきこと”  
またここで、退職金を受給した60代への調査結果から、私たちが今からどうしていくべきか考えてみましょう。

退職金を受給した人へ「受け取った退職金の額は十分だったか?」と聞いたところ、「十分」と答えた人はわずか24.5%で、「十分ではない」は50.3%、「足りない」と答えた人は25.3%もいました。

さらに、老後に向けて資金準備を始めるべき時期については、最も多かった回答が「40代」で36.0%、次いで「30代」(28.0%)となり、平均は35.2歳となりました。

■資産運用すると老後の満足度がアップ 
老後のための資金準備は早くから始めた方がよいことは、現在老後を過ごしているリアルな声とわかりましたが、その方法の一つとして注目したいのは、やはり資産運用です。

この調査で資産運用をしている人としていない人を分けて見てみると、資産運用をしている人は「現在の老後生活を満足している」と79.0%が回答しているのに対して、資産運用していない人で満足している人は65.0%にとどまっています。

政府の税制や少子化が進むことなどを背景に、漠然と老後に不安を抱えている人はとても多いはずです。公的年金や企業の退職金に過度に依存せず、自分で資金を準備する方法には、個人年金保険や確定拠出年金などがあります。

個人年金保険のことなら 【30代から始める】個人年金保険で節税しながら老後資金を手に入れようを、確定拠出年金のことなら 転職・独立時にも安心!確定拠出年金で節税しながら老後資金を準備すべし を参考に、老後の準備をはじめてみてはいかがでしょう?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。