銀行口座を選ぶ2つのポイント

1

読了目安[ 2 分 ]

東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行で10年超の銀行勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして活躍する高橋忠寛さんに、銀行口座の選び方についてレクチャーしていただきました。

■ATM利用手数料をチェック
まず銀行選びのポイントでチェックしたいのが、ATMの利用手数料とコンビニのATMが使えるかどうかについて。

ATMの利用手数料については、基本的にはその銀行のATMを時間内に使う場合には無料で利用できます。問題となるのは、時間外の手数料が無料かどうか、あるいはコンビニのATMが無料で利用できるかどうかです。

コンビニATMの利用については、住信SBIネット銀行、新生銀行、ソニー銀行などは回数の制限も一部ありますが、基本的には手数料が無料で利用できます。

■振込手数料をチェック
同じ金融機関内の振込は手数料無料のところが多いですが、他行へ振込は銀行によって手数料が大きく変わってきます。振込手数料についても回数制限つきで無料にしているところがあります。

ネット銀行の方が振込などの手数料は安いですが、公共料金の引き落としに対応していない銀行もありますのでその点には注意が必要です。ただし、直接口座からの引き落としができなかったとしてもクレジットカードを持っていれば、クレジットカード払いにしておくことで、その問題はクリアできると思います。

最近の傾向としては、マイナス金利政策の導入もあって、各銀行が個人利用のサービスに関する手数料を引き上げていく流れにあります。

これまでは無料で利用できていたサービスに手数料を設定するところも出てきておりますので、今後も各銀行の動向には注意が必要です。

<高橋忠寛プロフィール>
ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、株式会社リンクマネーコンサルティング代表

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。