「ふるさと優待」って何?お得に地方の特産品を手に入れる方法とは!

1

読了目安[ 3 分 ]

株主優待という制度をご存知でしょうか。株主優待とは、ある企業の株を一定数保有することによって、様々な優待品を受け取ることができる制度です。優待品の多くは、自社製品の詰め合わせや割引券といった商品が多いですが、ここ数年の間に株主優待に変化が起きています。

■ 株主優待で地方の特産品を配布 
株主優待が変化してきている背景に、最近ふるさと納税が急速に普及していることがあります。ふるさと納税は地方へ寄付を行うことで税金控除もあり、実質負担2,000円で、豪華なお礼の品がもらえるので注目を集めているのです。

その影響を受けてか、最近では株主優待として地方の特産品を配布する企業が存在します。自社の株をよりたくさん買ってもらおうと、多くの企業が地方の特産品を優待品とし提供しているのです。それが「ふるさと優待」です。

ふるさと納税の税金控除を上限まで使い切ってしまったけれど、「地方の特産品が受け取れるのであれば、株式投資をしてみたい!」と感じる人は、ぜひこの記事をチェックしてもらえたらと思います。今回は地方の特産品を株主優待として配布している「ふるさと優待」を実施している例を紹介しましょう。

■オリックス:日本の名産品 
オリックスはパソコンやコピー機のリース、レンタカー、野球チームの運営などと多岐に渡った事業展開をしています。株主優待ではオリックスグループが運営する施設の優待割引に加え、3月末にはオリックスが選ぶ「日本の名産品」を集めたカタログギフトから1品を選んで受け取ることができます。

3年以上保有の株主には豊後牛もも肉スライス600g、天草スペシャルオリーブオイル&ソルトセットなどと豪華な優待品もあるので、長期保有も一つの選択肢かもしれません。

■ラックランド:石巻等の特産品 
ラックランドは飲食店や商業施設、物流工場の規格、設計施行、メンテナンスなどを行っています。株主優待では石巻、女川等の特産品3,000円相当を受け取ることができます。こちらも複数のコースから好きなものを1つ選択できるとあって人気の株主優待になっています。

最近流行のふるさと優待はまだまだあるので、興味を持った方はふるさと優待を行っている企業に株主投資することを考えてみるのも面白いかもしれません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。