FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい。【上村和弘のFX基本講座】

2

読了目安[ 4 分 ]

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

いよいよ、読者の皆様に、FXを実際に取引するために役立つ情報をお届けさせていただきます。さて、FX会社に口座開設したら、すぐに取引を始めたい!とワクワクドキドキしているあなた。そうですよね。FXを取引したくて口座を開いたのですからね。

そのお気持ちはよ~く分かります。でも、ちょっと待ってください。ここは深呼吸して気持ちを落ち着かせてください。なぜなら、いきなり取引を始めることはおススメできないから。では、今回の「FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい。」をはじめます。

●はじめてのFXはデモトレード(仮想取引)で練習してからはじめましょう。
FXをはじめてスタートする方は、スマフォやパソコンゲームの事を思い出してください。初めて遊ぶゲームは、ルールやポイントが分からずに失敗して当たり前。何度も遊んで失敗を繰り返しているうちにルールやコツをマスターして上手にできるようになりますよね。

FXも同じやり方で・・・とは言えません。なぜなら、ゲームは失敗しても基本、お金が減ることはなく、何度もやり直しができます。しかし、FXは、大事なお金で取引しますから、失敗して予想と逆方向に相場が進めば、損をして預けているお金が減ります!そのため、ルールや基本的なコツを覚えるのはデモトレード(仮想取引)で行いましょう。ゲームのチュートリアル(入門編)だと思い、リアルトレードは我慢してください。

デモトレードで上手に稼げるようになることが初心者の目標。本当のトレードをスタートさせる前に失敗経験を積んで損益や為替の動きを体感しておくこと。デモトレードで稼げてようやくリアルトレード(本番取引)の入り口に立つことができます。

●はじめてのFXトレードはこの順番でスタート

1.デモトレードでFXのルールや用語を覚える
2.チャートとニュースの見方を覚える
3.注文の出し方やキャンセル方法を覚える
4.ダイナミックな動き、売買タイミングを覚える

ここまでをデモトレードでクリアしてから、リアルなトレードに進んでください。ここまで我慢した分だけ、実際に取引した時にミスが減るはず。いきなりリアルトレードを始めた場合、相場が動いている時にマニュアルやFX解説本を引っ張り出して調べていては間に合わないことも出てきます。

オンライントレードが無かった時代は、誰もデモトレードなんて出来ませんでした。有名な相場師やトレーダーは、実際のトレードで損をしながら必要な事を覚えていきました。今は、デモトレードで腕を磨いたりできますし、ネットでの情報公開があるため、初心者にも有利。そのアドバンテージを存分に生かしましょう。

次回は、チャートについて触れていきます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。