どこに寄付する?「支援金」と「義援金」の違いとは?

1

読了目安[ 3 分 ]

熊本地震で被害されたみなさまへ、心よりお見舞い申し上げるともに、お亡くなりになられた方へのご冥福をお祈りいたします。

大きな災害が発生した際に、誰にもできる支援としてすぐに思いつくのは寄付かもしれません。募金には「支援金」と「義援金」があり、その2つには大きな違いがあります。自分のお金がどのように活かされるのかを意識して、寄付する先を決めるといいでしょう。

「支援金」とは、主に被災地における救命活動や復興活動を行う支援団体やボランティアの活動費に使われるものです。寄付した団体が目的に応じて使い道を決めるため、すぐに役立つお金と言えるかも知れません。

それに対して「義援金」は、見舞金などとして被害者に直接届けられます。日本赤十字社や中央共同募金会※(赤い羽根共同募金)などの募金は義援金にあたります。これらは全額、被災した県ごとに設置される「義援金配分委員会」に集められ、この委員会が決める配分ルールで対象の市町村を通じて、被災者に届けられます。公平性が重視され、配分されるま時間がかかる場合もありますが、今回の熊本地震では第1次の配分が次のように決定しました。
【平成28年熊本地震義援金の第1次配分について】
※中央共同募金会では、支援金と義援金の両方を募っています。

自分のお金をどのように活かして欲しいという目的が明確なら、そのような活動をしている団体を探して、支援金を寄付するといいでしょう。反対に、時間がかかっても直接被災者に現金が届くようにしたいと思なら、義援金として寄付します。テレビ局などで集めている募金の多くは、赤十字社に集められ義援金になります。
クレジットカードや各種ポイント・マイルの寄付など、様々な方法で熊本地震の復興支援に協力することができます。

<支援金の窓口例>
熊本県 ふるさと納税

認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム 
(緊急人道支援のしくみとして、加盟するNGOをサポートする団体)

一般社団法人ピースボート 災害ボランティアセンター 

日本財団(熊本地震ボランティア活動資金)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。