連休明けの金欠はネットで副業!得意分野の文章書いて原稿料をゲット!

1

読了目安[ 3 分 ]

連休明けでお金がない!給料日はまだまだ先…。背に腹はかえられぬ、副業で乗り切りませんか?

「会社勤めじゃ副業なんて無理…。」と思ったそこのあなた、納期を守ればいつやってもどこでやってもOKな仕事なら、できちゃうかもしれませんよ?早朝でも夜中でも、月曜でも日曜でも、とにかく時間が自由な副業なら、金欠を脱却できる気がしませんか?

■いつでもどこでも出来ちゃう副業「WEBライター」って知ってる?
自宅でもカフェでも、朝でも昼でも夜でも、本当にいつどこで作業してもよい、在宅WEBライターというお仕事があります。あらかじめ伝えられた納期・記事内容・文字数等の条件をしっかり守って執筆し、メールで記事を納品するというものが多いです。1記事の単価は、契約先の規定やお仕事内容、文字数によって様々です。1記事〇円というものや、1文字〇円という依頼が多く、記事本数をこなせばこなす程総合的な報酬は高くなります。記事を早く仕上げるほど、時給換算額が高くなるということですね。

■WEBライターで副業をするには
在宅のWEBライター募集は、求人検索サイト(タウンワークやバイトルなど)に掲載されていることもありますが、クラウドワークスやランサーズといった、初めからアウトソーシングや業務委託を目的としたお仕事マッチングサイトで探す方法が一般的です。依頼内容や記事単価などをしっかり把握して、無理なくできそうか、きちんとお金になりそうかなどを考慮した上で始めましょう。

■特に資格や経験は必要なし!
ライターになる資格は特にありません。今までライター業をしたことがないという人も、文章が得意であれば可能です。お仕事の契約を結ぶ前に、トライアルというちょっとした文章テストがある場合が多いので、それをやってみて、相手側のOKが出たらWEBライターとしての副業がスタートできます。記事内容に合った記事を書くために、色々とインターネットで調べて知識をつけたり、文章を推敲したりするので、自然といろいろな知識がついて博識に。さらに文章力の向上も期待できて一石何鳥ですね。

空いた時間が有効的につかえて、普段の仕事の時間はしっかり確保できるのが、WEBライターの良いところ。1記事の単価は数百円~数千円と幅が広いですが、コツコツ書いていけばまとまったお金になります。少し頑張れば、きっと連休明けの金欠の助けになるはず!本当に困った…。という方は、WEBライターの副業を考えてみてはいかがですか?

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。