連休明けの金欠対策!お弁当のススメ

1

読了目安[ 3 分 ]

ゴールデンウィークは何もしなくともお金が出ていきがちなもの。

連休明けは、お弁当で
連休明けから節約は気を引き締めなければいけません。連休明けはランチ代で節約しませんか。ご結婚されている男性であれば、奥さんにお弁当を作ってもらえばそれだけで節約になりますし、ご結婚されていない方も、ご自身でお弁当作りにトライしてみましょう。

外食費の節約
さて、平均的なランチ代はいくらぐらいだと思いますか。11月22日のいい夫婦の日に明治安田生命が行った調査によると、既婚男性の平均ランチ予算は437円となっています。ですが、お弁当にすれば材料費だけで済んでしまいますよね。冷凍食品をうまく使えば、詰めるだけで完成しますし、朝、冷凍食品を凍ったまま詰めれば、昼には自然解凍していますし、加熱代も節約できてしまうのです。なお、冷凍食品はスーパーによっては、「○曜日×%オフ」などの日がありますので、セールを狙って活用していくといいでしょう。

お茶代の節約
お弁当とともに、コーヒーやお茶の代金も節約するのを忘れないようにしましょう。水筒を持って行って、ドリンク代を節約したいものです。何気なく普段飲んでいる缶コーヒー代も、溜まれば大きな金額になります。
1日2本飲んだとして、20日で5,200円。これは大きいですよね。ぜひドリンクは持参して、自分で飲みましょう。特に、暑い夏の日などは、冷たいお茶を水筒に持って行かないと、いくらでもお茶代がかさんでしまいます。また、会社に冷蔵庫があるのであれば、会社でポットを使ってお茶を沸かしてボトルで冷やしておくのもありでしょう。

会社で洗って帰ってくること!
お弁当箱を会社で洗って帰れば、洗剤と水の代金も節約することが可能です。そんなお弁当をぜひ持って行きましょう。私はいつも、会社の給湯室でお弁当箱を洗って帰るようにしています。会社の付属の洗剤を使ってもいいですし、自分で持って行ってもいいでしょう。他の同僚に使われないように、洗剤には名前を書いておくといいでしょう。私はスポンジは会社のを使っていますが、洗剤はロッカーに入れています。

まとめ
いかがでしたでしょうか?ゴールデンウィークで少々財布の紐がゆるくなっていたあなた。ぜひお弁当で気合を入れなおして、引き締め直しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。