プレママ&子育て世代注目!ベランダで6,250円分の夏野菜を栽培する

読了目安[ 3 分 ]

花屋さんの前を通ると、ミニトマトなどの苗を見かけることが多くなりました。
今ごろは、ちょうど夏野菜の植え付け時期なのです!

夏野菜は、マンションのベランダでも育てやすいのが魅力。プレママや子育て世代にとって、自家栽培は
「鮮度が高く、栄養価が高い(季節の野菜だから)」
「無農薬で栽培できる」
、そして「お金がかからない」と良いことだらけ。
ここでは、ベランダ栽培でどのくらいの野菜を収穫できるのか検証してみました。

ベランダ栽培の王道!3つの野菜を育てる

ベランダで簡単に作れる野菜を3つチョイスしてみました。
それぞれ1株ずつ植えると、いくつ収穫できて、いくらお得なのでしょうか…?

品種 1株の収穫量 1パック当たりの購入額 収穫時のお得感
ミニトマト 200個程度 250円程度/15~16個 13パック分収穫で3,250円お得
ピーマン 60個程度 150円程度/5個 12パック分収穫で1,800円お得
ナス 18本程度 200円程度/3本 6パック分収穫で1,200円お得
合計 6,250円お得!

夏野菜は、だいたい5月中旬まで(遅くとも5月下旬まで)に植え付ければ、梅雨が明ける頃から秋口まで、たっぷり3ヶ月は楽しめます。
3ヶ月で12パック分収穫できれば、1週間に1パック購入しているのと同じ計算。
夏の間、この3種類の野菜はほぼ購入する必要がなく、毎日ちょこちょこと収穫できるのでより新鮮というわけです。

初期費用はどれくらい…?

ところで、栽培道具をまったく持っていないところから始めると、どれくらいの初期費用がかかるのでしょうか。

必要品目 単価 合計
苗(種よりも育てやすい) 1株100円程度 3株300円程度
培養土25kg(肥料入り)  1個500円程度 3個1,500円程度
深めのプランターや鉢  1個500円程度 3個1,500円程度
肥料 1袋 500円程度
合計 3,800円程度

十分にモトが取れそうですね。
必須になるのは以上の道具で、その他にシャベルやスコップ、ジョウロがあるとより便利です。
100円の苗で3000円分も収穫できるとは、ちょっとした驚きです!

早く新鮮な野菜が食べたい!育てるコツは…?

ここで紹介した3種類の野菜は、いずれも育てやすいものばかり。
ベランダに注ぐ日光とたっぷりの水があって、病気さえ避けられれば、収穫はほぼ成功します。

  • たっぷりの土に植える。根を十分に伸ばせる程度に。
    もちろん、畑や地植えのようにはいきませんが…
  • ほぼ毎日、鉢底からしみでるまで、たっぷり水を与える
  • しっかりと日光に当てる
  • できるだけ風通しをよくする
  • 実が大きくなりすぎる前に収穫する

お得度もさることながら、ベランダ栽培の楽しみは、なにより自分たちの手で育て、収穫できること!
1度育ててみると、次からは要領を得られるようになります。
まずは1種類だけでも試してみてくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。