まだ間に合う!40代から始める自分の人生設計

1

読了目安[ 3 分 ]

なかなか人生の計画は上手くいかないもので、40歳になった今、子どもや身の回りの出費の大きさに四苦八苦している家庭は少なくないのではないでしょうか。

子どもが成長するにつれて教育費は増えていきますし、老後のために貯金もしたい。でも現状家のローンも返済しないといけないなど、様々な問題を抱えている人も多いでしょう。

そのような人は今一度人生のプランを見直す必要があるのではないでしょうか。昔に一度、ライフプランを組んだから大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、このような大変な状況だからこそチェックしておきたいことも多いのです。

今回は40代のあなたが見直すべきライフプランについてお話しします。

過去と現在の収入と支出
まず、最初に見直すべきなのは過去と現在の収入と支出です。あなたの収入は現在上がっていますか?それとも維持されているのでしょうか。このようなポイントを確認する理由として、昔組まれたライフプランの多くは収入が上がると想定されていることが多々あります。

しかし、実際のところ昔組まれたライフプランのようには上手く進んでいないことも十分に考えられます。もしくは収入が上がっていたとしても支出が想定よりも大きいということも考えられます。

現在の収入と支出のバランスを見直すことで、貯金や投資に回せるお金がどれほどあるのかを見直してみましょう。

子どもにどれくらいお金がかかる?
今後どれほど子どもにお金がかかるのかということも考えるべきでしょう。大学に入るとなると塾代や大学の受験料、また入学金や授業料など非常に多くのお金が必要になります。

今後、どれくらいのお金が必要になるのか基準をある程度設定しておくことで、お金をどんどんと流出させるということだけはないように気をつけましょう。

老後までに貯めておきたい金額は?
最後に老後までにどれほどの貯蓄が欲しいと考えるかということも必須事項です。そしてその貯蓄額を達成するためには貯蓄だけで行くのか、保険や投資を利用するのか様々な方法が考えられるでしょう。

どれほどのお金が必要なのかファイナンシャルプランナーなどに相談するのも一つの選択肢かもしれませんね。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。