マイナス金利対策!保険の貯蓄率を上げるには!?

読了目安[ 2 分 ]

どうせ増えないんでしょ?

マイナス金利の影響で世の中の金利が史上最低水準の今、このようにお金を貯めることに関心を持てない人もいるでしょう。

でも、何もせず給与振込の通帳に入れたままにしておくと、いつの間にか使ってしまい“貯まらない体質”になってしまいます。金利は低くても、全く何もしないのはNG。
毎月、強制的に別のポケットに分ける「コツコツ積立」は、自然と貯蓄力をあげ“貯まる体質”へと導いてくれる強力なサポーターです。

その「コツコツ積立」は、定期預金や保険、そして株や投資信託などがあります。
今回のテーマである保険の積立ては、リスクに備えながら貯めていくものですが、リスクへの不安を和らぐものの、やっぱり今の金利は心さみしい・・ですよね。
少しでも効率的にお金が貯められれば。

そこで保険の場合は、保険料の支払いを半年払いや年払いのようにまとめて払うのもひとつ。まとめ払いをすると保険料が割引かれるため、月払いより安く積み立てることができ、その結果、貯蓄率アップに繋がります。

例えば、30歳男性が個人年金保険に加入したとします。

保険料を60歳まで掛けて、10年間50万円の年金を受け取る場合、月払い保険料は11,710円(年間140,520円)です。これを年払いにすると、138,060円となり2,460円お得に。払込が終わる60歳までの30年間では73,800円分、賢く積み立てたことになります。僅かではありますが、超低金利下で検討しない手はありません。

また、保険会社や契約内容によってはクレジット払いができるケースもあります。
まとめ払いで割引を受けつつ、更にポイントが貯まるなら一石二鳥。
既に保険に加入している人も、一般に支払い方法を見直せるので、担当者に確認してみましょう。

注意したいのは、支払い時に纏まったお金を準備しなければならないこと。
心配な人は、保険専用の通帳を作って、毎月、払ったつもりで積み立てる「つもり預金」をして計画的に準備をすると安心です。

預金や保険、資産運用など世の中には沢山の金融商品があります。それぞれの特徴を生かして、マイナス金利を乗り越えましょう!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。